MENU

成功する告白の仕方!セリフや失敗しないための4つのポイントと注意点

告白の仕方
告白ってどうすれば良いの?
成功する告白の仕方が知りたい!

好きな人に気持ちを伝えるのは、とても勇気のいること。
何としてもOKをもらいたいところですが、「関係が壊れてしまうのが怖い」と思う方も多いはず。

告白はただ単に気持ちを伝えればいいというわけではありません。

編集部
タイミングや言葉選び、アプローチの仕方などによって、その成功率は大きく変わってきます。
そこで今回は、告白成功のためのテクニックや注意点、失敗例など、告白の仕方について詳しくご紹介します。
タップできるもくじ

失敗しない告白をするための4つのポイント

「好きな人に気持ちを伝えたい」と思っても、一体何をどうしたらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

せっかく好意を持つ相手に出会えたのだから、ただ単に気持ちを伝えるだけではなく、相手の気持ちを動かしてお付き合いまでいきたいところですよね。

告白は、次の4つのポイントを抑えることで、成功率がグンとアップします。

  • ポイント1:告白する方法(How)
  • ポイント2:告白するタイミング(When)
  • ポイント3:告白する場所(Where)
  • ポイント4:告白の言葉(What)

告白はただでさえ緊張するため、なかなか自分の思い通りにいかないもの。事前にポイントを抑えてシミュレーションをしておくと、より成功へと近づくことができます。

編集部
実際、どのような点に注意をすればいいのか、4つのそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

ポイント1:告白する方法

好きな人に気持ちを伝えるとき、まずどのような方法で告白するのか考えなくてはなりません。実際、告白には次のような方法があります。

  • 直接会って告白する
  • 電話で告白する
  • メールやLINEで告白する
  • 手紙で告白する

それぞれの告白方法について詳しくご紹介します。

直接会って告白する

告白の王道といえば、「直接会って告白する」方法です。

直接告白することの最大のメリットは、気持ちをストレートに伝えられる点です。

言葉だけではなく、表情や声からも一生懸命さを相手にアピールすることができるので、心を動かされる人も多いはず。また、相手の反応もわかりやすいので、脈があるかの判断もしやすいです。ただし、面と向かうため緊張することと、フラれた時のショックがかなり大きいというデメリットもあります。

編集部
後悔しないように思いを伝えるという点では、ベストな告白方法です。

電話で告白する

直接会って話せないという人に、電話での告白はピッタリです。

直接告白することに比べると、気持ちの伝わり方は減ってしまうものの、自分の口で相手に想いを伝えることはできます。また、事前に話す内容を準備しておけば、確認しながら話すことも可能。

デメリットとしては、声でしか伝えることができないので、自分も相手も集中できる状態で告白をする必要があります。また、相手のリアクションも分かりづらいというデメリットも。

編集部
話し方によっては不機嫌に聞こえてしまうこともあるため、普段の口調より明るくはっきりとした声で話すようにしましょう。

メールやLINEで告白する

「直接伝えるのは恥ずかしい」「緊張して思っていることが言えない」という人には適した告白方法です。

自分でしっかりと文章を考えてから送ることができるので、思っていることを伝えやすいというメリットがある反面、相手に真剣さが伝わりにくく、「冗談でしょ?」と誤解をされてしまうことも。また、表情や声などのリアクションがないため、手ごたえも分かりにくいです。

最近増えている告白方法ですが、まだまだ直接告白される方が好きという人が多いので要注意。

編集部
他の方法に比べると、成功率もそれほど高くはないでしょう。

手紙で告白する

メールやLINEの普及で、今は手紙を書く人も少なくなりましたが、そんな時代だからこそ手紙で告白をするのも効果的です。

文字にはその人の心がこもっています。また、自分だけのために時間をかけて書いてくれたというだけでも、もらった相手は心を揺さぶられるもの。同じ文字だけの告白でも、メールやLINEよりもよほど効果があります。

ただし、人によっては重たく感じることもあるため要注意。

渡す時は、自宅に郵送するよりも、手渡しするか机などにこっそり入れておくのがおすすめ。

編集部
ただし、第三者に見られると自分だけでなく相手も嫌な思いをするので、慎重に渡しましょう。

ポイント2:告白するタイミング

告白はタイミングがとても大切です。

タイミングを間違ってしまうと、告白が失敗してしまうだけでなく相手との間に亀裂が生じる可能性も。告白を成功させるためには、タイミングに十分気を付けなければなりません。

具体的に、どのようなタイミングで告白すべきなのかご紹介します。

相手の気持ちが落ち着いているとき

告白は、確実に失敗しそうなときだけは絶対に避けなくてはなりません。

仕事が忙しい時、大きな悩みや心配ごとがあるとき、疲れがたまっているときは、告白をしても相手にしてもらえない可能性が高いです。たとえあなたに好意を持っていたとしても、相手に告白を受け入れる余裕がないと断られてしまうことも。

告白は、必ず相手の気持ちが落ち着いているときに行いましょう。心に余裕がない時には、相手の心に寄り添う態度も必要です。

編集部
逆に、仕事などで成功を残した時は相手も自信のある状態なので、告白をOKする可能性が高いです。

3回目のデートのとき

告白のタイミングとしては、3回目のデートの時がベストです。

1回目のデートは、まだ相手の様子を見ている状態。第一印象が良ければ、2回目のデートもOKとなり、あなたのことを知ろうと前向きになっていると言えます。

そして、3回目のデートの約束ができたということなら、あなたに脈ありの可能性大。お互いの距離も縮まっているので、告白のベストタイミングと言えるでしょう。

ただし、4回目以降は相手のモチベーションが下がってしまうこともあるので要注意。

編集部
告白できないままズルズルと過ぎてしまわないよう気を付けましょう。

デートの終盤や帰り道で

告白は、デートの終盤や帰り際に行うのがベストです。

デートの序盤で告白をすると、突然のことに相手も心の準備ができていないでしょう。OKならばいいですが、断られた時には気まずい雰囲気となりデートが中断してしまうことも。

たとえば、朝から夜までのデートなら、ディナーの後や帰り道での告白がおすすめ。その場で返事をもらうことも、ゆっくり考えてもらうこともできます。

また、会える時間が20~30分くらいと短い場合も、告白には向いていません。

編集部
楽し時間を一緒に過ごし、その流れで告白をするとOKをもらえる可能性が高いでしょう。

誕生日やイベントなど特別な日

誕生日やイベントなど、特別な日を意識している人は少なくありません。

そもそも、バレンタインやクリスマスなどにデートをすること自体、あなたが特別な存在と見られている可能性が高いですが、そのような日に告白をされれば、他の日よりも成功率はかなり高くなります。

中でも、誕生日は一年の中でも特に大切な日なので、その日に告白をされると「自分のことをそれほど大切に思ってくれている」と感じ、気持ちも伝わりやすいです。

編集部
1年を通して特別な日はそれほど多くはありませんが、もし近いのであれば強い味方となるでしょう。

ポイント3:告白する場所

告白が成功するかは、告白する場所によっても大きく左右されます。
大切な相手にしっかり思いを伝えるためには、一体どのような場所を選んだらいいのかチェックしてみましょう。

雰囲気が良い場所

王道ですが、告白にはロマンティックな雰囲気の良い場所がおすすめです。

  • 夜景の見える場所
  • オシャレなレストラン
  • 観覧車の一番上
  • 夕日が見える海岸
  • イルミネーションが綺麗な場所

ロマンティックなムードのある場所を選ぶと、相手の気持ちも高まり、告白の成功率もアップする可能性大。

また、告白の場所は2人にとっても思い出の場所になります。

編集部
カップルになった後も、記念日などに2人で訪れることができる楽しみも増えるでしょう。

2人きりになれる場所

告白をするなら、2人きりになれる場所がおすすめです。

  • ドライブデートの車の中
  • 落ち着いた雰囲気の公園
  • 家の中
  • 夜のデートの帰り道
  • 屋上

人が多い場所では、気が散って告白に集中することができません。また、騒然としていると話も聞き取りにくくなってしまいます。

告白は、できるだけ周りに人が少なく、話しに集中できる場所がおすすめ。リラックスして告白をするためにも、2人きりになれる静かな場所を選ぶようにしましょう。

実際、「人前で告白されたくない」と思っている人も多いです。

編集部
人によっては、人目が気になりその場から逃げ出したくなると感じることも。

非日常を味わえる場所

いつもデートをしている場所よりも、非日常を味わえるような場所の方が、気分も盛り上がり告白も成功しやすいです。

  • ディズニーランド/ディズニーシー
  • 花火大会
  • 夏祭り
  • クリスマスイベント

いつもとは違う非日常な時間を過ごすことで、日常から解放されます。一緒に充実した時間を過ごすことができれば、「この人と一緒ならこれからも楽しい時間が過ごせる」と思うはず。

ただし、相手の気分があまり乗らないような場所を選んでしまうと、逆効果となる恐れも。

編集部
好感度をアップさせるためにも、事前に相手が好きそうな場所をリサーチしておくと良いでしょう。

2人の思い出の場所

告白の場所に、2人の思い出の場所を選ぶのもとても効果的です。

  • 2人が初めて出会った場所
  • 初めてのデートで行った場所

2人の思い出の場所は、その場所に来るだけで既にお互いの気持ちが高まります。思い出が頭を巡るだけでなく、相手も「特別な場所だと思っていてくれた」と心揺さぶられるでしょう。
あなたの気持ちも伝わりやすく、告白の成功率もアップするはずです。

告白は緊張するので、相手を目の前にして急に言葉に詰まることもあるかもしれません。
そのような時でも、2人の思い出の場所なら緊張感も和らぎ、リラックスして告白にのぞめるはずです。

【逆にNG】おすすめできない場所

ここまで告白におすすめの場所をご紹介してきましたが、場所によっては相手をガッカリさせてしまうだけでなく、気持ちが伝わらないこともあります。

  • 人ごみや人前
  • 居酒屋
  • ホテル
  • カラオケ

告白は、「静か」で「2人きりになれる」「ロマンティックな場所」を選ぶのがポイントです。

公衆の面前や人が多いところはNG。また、たとえ2人きりになれたとしても、ムードのないような場所では気持ちも伝わりにくいです。

特別お金をかける必要はありませんが、告白の時くらい特別な場所を選びたいところ。

編集部
場所選びでも、告白の成功率は大きく変わってくるのです。

ポイント4:告白の言葉

実際に告白をする時、どのような言葉で気持ちを伝えるのが良いのでしょうか?
自分の気持ちを言葉で表すのは難しいですが、相手の心をつかむには、言葉選びがとても重要になります。

ストレートな言葉で伝える

告白は、わかりやすいシンプルな言葉がベストです。

  • 「好きです。付き合ってください。」
  • 「絶対幸せにするので付き合ってください。」
  • 「僕(私)の彼女(彼氏)になってくれませんか?」

ロマンティックな言葉も良いですが、相手に伝わらなければ意味がありません。遠回しな表現を使わず、ストレートな言葉で気持ちを伝えると、「好き」という気持ちがより相手に伝わりやすくなります。

シンプルでストレートな告白は、返事もしやすいもの。

編集部
相手が「YES」または「NO」で答えやすい告白が、気持ちも伝わりやすくて良いでしょう。

重いセリフは言わない

相手に自分の気持ちを伝えたいばかりに、ついつい告白が重くなってしまうことがあるかもしれません。

  • 「一生一緒にいたいくらい好き。」
  • 「好きすぎて結婚したいくらい。」
  • 「誰よりも一番愛している。」
  • 「ずっと見ていました。」

たとえ心で思っていても、まだ付き合ってもいない状態で将来を予想させるようなワードを口にするのはNG。
たとえ、あなたに好意を持っていたとしても、付き合うことに躊躇してしまうかもしれません。

また、あまりにも重たい告白は、人によっては恐怖を感じてしまうことも。

編集部
シンプルな告白でも、気持ちは十分に伝えることができます。

「付き合ってください」を忘れずに!

告白するときに絶対に忘れていけないのが、「付き合ってください」という言葉です。

重すぎる告白はNGですが、反対に軽すぎる告白も良くありません。相手の負担にならないように言葉を選んだつもりが、「結局何が言いたいの?」と思われてしまっては、告白をした意味がなくなってしまいます。

告白をする時には「好き」という言葉はもちろん、「付き合ってください」という言葉も必ず入れるようにしましょう。

「言わなくてもわかるだろう」と思っていても、「付き合う」というワードを入れなかったため、付き合っているという認識がなかったという人もいるくらい。

編集部
伝えたいことは曖昧にせず、しっかりと言葉にすることが大切です。

絶対ダメ!失敗する告白の仕方

告白は相手に好意を伝えるものです。
しかし中には、相手が思わず引いてしまったり、不快に感じてしまったりする告白もあります。
そこで、告白で失敗しないためにも、NGな告白の仕方の例をご紹介します。

言い方が回りくどい

告白を成功させたいなら、回りくどいセリフは使わないようにしましょう。

  • 「俺(私)の気持ちわかっているよね?」
  • 「俺たち(私たち)って本当に相性がいいよね」

回りくどいセリフは、告白されていることに相手が気付かない可能性があります。相手にハッキリ断られるのが怖く、回りくどい告白になってしまうこともありませんが、告白だと相手に気付かれなくては意味がありません。

また、たとえ相手が自分の気持ちに気付いてくれたとしても、回りくどい人は好まれません。

編集部
肝心な時に言いたいことが言い出せない、相手の気持ちを探るようなことしか言えない人は「面倒な人」と思われてしまう可能性も。

冗談めかした告白

本気で相手に気持ちを伝えたいのであれば、冗談めかした告白は絶対NGです。

  • 「とりあえず付き合ってみる?」
  • 「俺(私)と付き合いたいんでしょ?」

冗談めかした告白は、万が一断られた時に「冗談だよ」と断ることができます。相手との関係が壊れるのを防ぐことはできますが、相手からは「勇気がない」とガッカリされてしまうことに。

たとえ普段から冗談を言い合う仲でも、告白の時は真剣に対応しましょう。

編集部
あなたの真面目で真っすぐな姿を見れば、相手もしっかり向き合わなければと思うはずです。

酔った勢いで告白する

酔った勢いでの告白は、相手から信用されることはありません。

たとえそれが本心だったとしても、相手からは「冗談でしょ?」「酔っているときの言葉は信用できない」と思われてしまいます。その場の勢いで言っただけで、誰にでも同じように接している「軽い人」と見られてしまうことも。

編集部
大人の付き合いにお酒は欠かすことができません。時には2人でお酒を飲みに行くこともあるかもしれませんが、「シラフだと言えそうにないから」とお酒の力を借りて告白をするようなことは絶対にやめましょう。

友達に代わりに告白してもらう

お酒と同じく、友達に自分の代わりに告白をしてもらうことは絶対にNGです。

告白するのはとても勇気がいるため、友達に頼みたくなる気持ちもわかります。しかし、相手からは「自分で告白すらできない勇気のない人」と思われてしまい、告白が成功する可能性は低くなってしまいます。

また、友達にあれこれ相談していたことがわかると、若干引いてしまうことも。

大切なのは、自分の言葉で相手に伝えることです。自分で告白をすることで、相手の言葉だけでなく表情やしぐさからも様々なことが読み取れます。

編集部
たとえ失敗してショックを受けたとしても、しっかりと受け止めることができるでしょう。

好きな人への告白の仕方4つの注意点

ここまで、告白の仕方やNGな告白方法についてご紹介してきましたが、告白は自分だけでなく相手を巻き込んで行うことです。
相手を不快な気持ちにさせず、告白を成功させるためにも注意しておきたい4つのポイントをご紹介します。

相手の状況を理解しよう

最初に、好きな人が今置かれている状況を確認しましょう。

仕事に追われて忙しかったり、大切な試験や試合を控えていたりなど、目の前のことに全力を注いでいるときに告白をされても、「今はそれどころではない」と言われてしまうのがオチ。たとえOKでも、お互いに不満が生まれて良い結果とはならないでしょう。

告白は、仕事が一段落した後、試験や試合が終わった後など何かに一区切りがついた時にするのがベスト。肩の荷が下りていることもあり、気分も開放的になるから、OKしてくれる可能性も高いしょう。

また、精神的に悩み事や不安を抱えているときも、成功する可能性は低いです。

編集部
相手に余裕がない時はできるだけ支えてあげ、余裕が生まれるのを待ちましょう。

告白の言葉はしっかり伝えること

告白はとても勇気がいることで、緊張してしまうのは当たり前です。手や声が震えてしまっても特に気にしなくても大丈夫。ただし、告白の言葉だけはしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

せっかくの告白も、ボソボソと何を言っているか分からないと失敗する可能性があります。性格的がシャイという人もいるかもしれませんが、告白の時ははっきりと自分の気持ちを伝えるようにしてください。

肩の力を抜き、リラックスして平常心を保つほうが自然体で告白することができます。

編集部
あまりにも緊張してガチガチになってしまう時は、相手に緊張していることを素直に伝えると、気持ちも軽くなりリラックスして告白ができるでしょう。

返事を催促しない

告白をすれば、誰でもすぐに返事がほしいと思うものです。しかし、たとえ返事をすぐにもらえなかったとしても、催促するようなことは絶対にやめましょう。

告白は、する方だけでなくされる方も大きなストレスを感じます。あなたが告白の緊張から解放されたとしても、相手には新たに「返事をしなければならない」という負担を与えることになります。

良い結果でも、悪い結果でもなるべく早く知りたいと思うのが本心ですが、悩んでいるときに返事をせかされると、気持ちが一気に冷めてしまう可能性もあるので要注意。

編集部
返事がもらえるまでドキドキするかもしれませんが、「いくらでも待つ」くらいの心の余裕を持つようにしましょう。

脈ありサインがないときはしばらく待とう

仲良くなり、会話もLINEもしているけれど、相手からの好意がなかなか感じられないという時は、最適な告白のタイミングとは言えないでしょう。

告白のタイミングには目安がありますが、必ずしも全ての人が同じというわけではありません。相手から脈ありのサインがなく、告白してもうまくいかない可能性が高いと感じられるときは、無理して告白をせずにタイミングを伺うことも大切です。

そのような時は、告白するよりもまずは自分に興味を持ってもらうことが大切です。

編集部
少しずつ距離を縮め、自分の魅力をアピールすることからはじめましょう。

最高の告白の仕方で相手に気持ちを伝えよう!

告白の仕方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

告白には次の4つのポイントがあります。ポイントを抑えることで、告白の成功率もずっと高くなります。

  • 告白する方法
  • 告白するタイミング
  • 告白する場所
  • 告白の言葉

また、告白は自分だけでなく相手も巻き込んで行うことなので、自分と相手にあった告白の仕方を選んでください。

編集部
告白はとても勇気が必要なことですが、恋愛は行動あるのみ!最高の告白の仕方で、気になる相手に気持ちを伝えてくださいね。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ