MENU

マッチングアプリは既婚者だらけ?回避方法や見分け方・対処方法を解説

マッチングアプリ既婚者
マッチングアプリに既婚者っているの?
既婚者がいないマッチングアプリってある?
結婚歴を隠してる既婚者って見分けられる?

マッチングアプリはとても便利ですが、色々な人と出会える分、相手が既婚者かどうかは気になるところですよね。
特に真剣に恋活や婚活をしている場合、時間やお金を無駄にしないためにも、しっかり既婚者を見分けて回避していきたいところです。

そこで今回は、マッチングアプリの既婚者の見分け方や回避の仕方、既婚者とマッチングしてしまった時の対処方法などを解説していきます。

この記事を読めば、既婚者を避けて安心してマッチングアプリを利用できるようになります。

編集部
既婚者の中には意図的に結婚歴を隠している人もいます。しっかり見分けて回避できるように対策しておきましょう。
あわせて読みたい
マッチングアプリ人気おすすめ比較ランキング!2024年2月最新 若い世代を中心に、現在の出会い探しの主流の方法として人気があるマッチングアプリ。 写真を見ながら「いいね」を送るだけで好みの相手と出会えるので非常に便利ですよ...
タップできるもくじ

マッチングアプリを利用している既婚者の目的

既婚者がマッチングアプリを利用している目的
まずは、既婚者がどんな目的でマッチングアプリを利用しているかを見ていきましょう。

既婚者は結婚しているので既にパートナーはいますが、以下のような理由からマッチングアプリを利用している事があります。

異性と遊びたい(不倫目的)

マッチングアプリは誰でも普段接点のない相手と出会う事ができます。
匿名性も非常に高いので身バレの心配もないですし、気軽にたくさんの出会いを探せるというところが魅力です。

それらの特徴から、不倫目的で異性と遊ぶために利用しているという既婚者は多いです。
キャバクラなど夜のお店と比べて料金も安価で使いやすく、気軽にサクッと出会って遊べるという特徴を活かしてマッチングアプリを使っています。

多くのマッチングアプリは自分で結婚歴を入力できるので、偽装も簡単にできてしまいます。

編集部
このタイプの大半は男性で、不特定多数の異性に一気にアプローチしている場合も多いです。

友達を作りたい(友達目的)

不倫などの特別な関係ではなく、純粋に友達が欲しくてマッチングアプリを使っている既婚者もいます。

マッチングアプリは共通の趣味や価値観の相手と気軽に出会えるので、それを活かしてSNSのような感覚でマッチングアプリを使っているパターンも意外と多いです。

特に、料金が安価だったり気軽さを売りにしているマッチングアプリには、友活目的で利用している既婚者もたくさんいます。

編集部
このタイプは女性に多く、積極的に出会いを求めていますが結婚歴を隠す事はありません。性別不問や同性限定で探している場合もあります。

新しいパートナー探し(恋人目的)

結婚生活が上手くいっていなくて、新しいパートナーを探してマッチングアプリを利用している既婚者もいます。
離婚する事が決まっていたり完全に夫婦関係が冷めきっていたりなど状況は様々ですが、不倫ではなく純粋にパートナーを探しています。

中には、離婚する予定だけどそれを言い出せず、既婚者である事を伏せて出会いを探している場合もあります。

いずれの場合もまだ離婚はしていないので、マッチングしたら必ず相手の状況をしっかり聞いて慎重に関係を築いていく事が大切です。

編集部
このタイプは男女ともいますが、子供がいない場合は結婚歴を伏せている事が多いので注意しましょう。

既婚者ってマッチングアプリを使っていいの?

既婚者ってマッチングアプリを使っていいの?
「そもそも既にパートナーがいる既婚者がマッチングアプリを使っていいの?」と、疑問に思われている方もいると思います。

結論から言うと、既婚者がマッチングアプリを使っても問題ありません。

先に述べたように、友達が欲しかったり新しいパートナーを探したくてマッチングアプリを利用している既婚者は多いです。

また、体の関係を目的としてマッチングアプリを利用する既婚者もいますが、不倫は犯罪ではないので逮捕されるような事もありません。
未成年は出会い系サイト規制法によって利用を制限されていますが、たとえ体の関係があっても法律違反にはならないのです。

そのため、マッチングアプリを利用する際は、年齢確認は必ず行われますが、独身確認があるマッチングアプリは僅かになっています。

ただし、だからと言って既婚者と気軽に関係を持っていいかというと、そうではありません。
なぜなら、既婚者と関係を持つと、相手や自分のパートナーから不貞行為で慰謝料を請求される可能性があるからです。

パートナーだけでなく相手の子供や両親などにも関係してくる事なので、責任重大です。

そういった事から、既婚者とマッチングした際は慎重な行動が大切です。
また、意図しないマッチングを避けるために、既婚者がいないマッチングアプリを選ぶ事も大切になってきます。

編集部
不倫の慰謝料の相場は、100万円前後と言われています。決して安くはない金額なので十分な注意が必要です。

既婚者が利用できるマッチングアプリ

既婚者が利用できるマッチングアプリ
マッチングアプリで既婚者を回避するためには、既婚者が使っていいアプリと使ってはいけないアプリを知っておく必要があります。

まずは、既婚者が利用できるマッチングアプリをご紹介します。

以下のマッチングアプリは、既婚者でも利用が可能、もしくは既婚者向けとなっています。

アプリ名 特徴
ハッピーメール 累計会員数3,000万人超えで地域を選ばず出会える
PCMAX 累計会員数1,800万人超えで大人の出会いに強い
Tinder 世界規模で人気があり色々な目的で柔軟に出会える
paters 遊びから婚活まで多目的で出会える、アッパー層向け
既婚者クラブ 既婚者専用で匿名性が高く出会いやすい
Sepa プラトニックなセカンドパートナー向けの既婚者用サイト
Afternoon. 既婚者専用で気軽に気の合う相手を探せる

これらのアプリは、利用規約に「独身限定」などの表記がなく、既婚者でも利用する事ができるようになっています。

「ハッピーメール」「PCMAX」「tinder」などは、安価で気軽に色々な出会いを探せるため人気ですが、その分既婚者とマッチングする可能性も高めです。

「paters」はパパ活などにも使われるアッパー層向けのアプリで、特に男性が既婚者であるパターンが多いです。

「既婚者クラブ」「Sepa」「Afternoon.」の3つは既婚者専用となっているので、間違って使ってしまわないように注意しましょう。

編集部
既婚者がいるから危険という事ではなく、いずれも目的を合わせて使う分にはとても使いやすいマッチングアプリです。

既婚者が利用できないマッチングアプリ

既婚者が利用できないマッチングアプリ
次に、既婚者の利用が禁止されているマッチングアプリをご紹介します。

恋活や婚活で真剣に交際できる相手を探している方は、以下のマッチングアプリがおすすめです。

アプリ名 特徴
ペアーズ 累計会員数2,000万人超えで共通の趣味で出会いやすい
タップル 多機能で特に若い世代からの人気が高い
with 心理テストから価値観の合う相手と出会える
Omiai 恋活から婚活まで対応、真剣度の高いユーザーが多い
マリッシュ 再婚活やシンパパママに人気がある

これらのアプリは、利用規約の中に既婚者の利用を禁止する記載があり、独身限定のサービスとなっています。

「ペアーズ」「タップル」「with」は主に恋活向けですが、規約に違反した場合はアカウントの利用停止などの対応をしてくれます。

「omiai」は婚活アプリだけあって厳しく既婚者を取り締まっていて、疑義が生じた際は独身証明書の提出を求められる場合もあります。

「マリッシュ」もバツありや子持ちユーザー向けですが、既婚者の取り締まりは厳重で、発覚すればアカウントの利用停止措置などで対応してくれます。

編集部
いずれも人気のあるマッチングアプリなので、真剣に出会いを探したい時は上記の中から選ぶのがおすすめです。

独身証明機能があるマッチングアプリ

独身証明機能があるマッチングアプリ
続いて、独身証明機能があるマッチングアプリをご紹介します。

【独身証明機能って何?】
独身証明書は、本人が独身である事を公に証明するための書類です。
本籍地のある区市町村で発行ができ、1週間ほどで自宅に郵送してもらえます。

独身証明機能があるアプリにその書類を提出すると、独身である事をアプリ内で証明できるようになり、安全性をアピールできます。

また、相手を探す際も、独身証明済みのユーザーから探せば、安全に出会い探しができるので非常に便利です。

以下のアプリは、既婚者が利用できない事に加えて独身証明の機能があり、より安全に出会いを探せるようになっています。

アプリ名 特徴
マッチドットコム プロフィール検索が充実している、30代以降に人気
ブライダルネット 婚活に特化していて男女ともに有料で本気度が高い
東カレデート 完全審査制のアッパー層向けアプリ、ハイクオリティな出会いを探せる

「マッチドットコム」は、アメリカ発の世界規模で人気のあるマッチングアプリです。
婚活専用ではありませんが、年齢層が高めなので、恋活から婚活まで利用する事ができます。

「ブライダルネット」は婚活特化型で、男女ともに有料となっているため男女とも積極的に行動していて活気があります。

「東カレデート」は完全審査制のアッパー層向けアプリで、東京カレンダーのようなオシャレな出会いを探す事ができます。

いずれも独身証明書を提出する事で証明済みのマークが表示され、他ユーザーに独身である事をアピールできるようになります。

編集部
婚活向けのものが多くハードルは高めですが、本気で生涯のパートナーを探したい時などは検討してみましょう。

マッチングアプリで既婚者を見分けるポイント

マッチングアプリで既婚者を見分けるポイント
マッチングアプリ内の結婚歴は簡単に偽証できるため、相手が既婚者かどうかは自分でチェックして見分ける事が大切です。

そこで次は、マッチングアプリで既婚者を見分けるポイントをご紹介します。

プロフィールの結婚歴

結婚歴や子供の有無が未記入の場合は、既婚者の可能性があります。

婚活目的ではなくても、大半のマッチングアプリには「結婚歴」や「子供の有無」など結婚に関する項目が設けられています。
既婚者は結婚している事を知られるとマッチング率が下がってしまうため、未記入にしている場合が多いです。

未婚と嘘を付いているパターンもありますが、後に特別な関係になった時だけバラそうと考えている場合などは未記入でいる事が多くなっています。

編集部
特に、他の項目は入力されているのに結婚歴だけ未記入な場合は、意図して入力せずにいる可能性が高いです。

プライベートモードで利用している

理由がなくプライベートモードを使っている場合は、既婚者の可能性が高いです。

マッチングアプリには、身バレを防ぐ目的でプライベートモードが用意されているものがあります。
プライベートモードを使うと、プロフィール検索で自分を非表示にできたり、足跡を残さずにプロフィールを閲覧できたりします。

既婚者は、身バレを防ぎながら気に入った相手に効率良くアプローチするために、プライベートモードを使っている場合が多いです。

編集部
プライベートモードを使うと、自分がアプローチした相手しかプロフィールを閲覧できません。そのため、「いいね」の数が極端に少ない場合が多いです。

必要な事も隠したがる

普通は教えるような事も隠すような場合、既婚者の可能性があります。

マッチングアプリで知り合った相手に住所などを教えるのは抵抗がありますが、普通教えるような内容もごまかして隠す場合は疑ってみましょう。

親しくなろうとしている相手に対して必要以上に情報を隠す場合は、何か理由がある証拠です。
バレた時の事を考えながらやり取りしているので、あなたには積極的に質問してきても自分の事を聞かれるとはぐらかす場合が多いです。

仕事は「○○系」、住所も「○○方面」などぼかして答え、SNSをやっていてもアカウントを教えてはくれません。

編集部
デート場所もあなたの家の近くを指定する事が多く、自分の生活圏内でのデートを嫌がります。

常に忙しい事をアピールしている

連絡を取れる時間が限定されている場合、既婚者の可能性が非常に高いです。

マッチングアプリは出会いを探す場ですが、マッチングしてもほとんど連絡が取れない場合は既婚者の可能性が非常に高いです。
なぜなら、既婚者はパートナーの目を盗んでやり取りしなければならないからです。

そのため、常に連絡を取る事はできず、「忙しい」などと理由をつけてパートナーのいない時間帯だけメッセージを送ります。

編集部
本当に忙しくて連絡が取れない場合もありますが、マッチングしているのに常に忙しい状態が続く場合は十分に注意しましょう。

マッチングアプリで既婚者を回避するコツ

マッチングアプリで既婚者を回避するコツ
マッチングする前段階で既婚者を回避できれば、後で見分けて断る手間も省けます。

そこで次は、マッチングアプリで既婚者を事前に回避するコツをご紹介します。

プロフィールをしっかり読む

写真だけで「いいね」を送らず、プロフィールもしっかり目を通しましょう。

マッチングアプリの出会い探しは写真が先に目に入るので、どうしても外見で判断しがち。

プロフィールをよく見てみると、「既婚者」と設定されているような場合も少なくありません。
他にも、自己紹介欄に「子供がいる」「恋人と同棲中」など、既婚者である事を匂わせる文が書かれている事もあります。

そのため、まずはプロフィールをしっかり読んでから「いいね」を送る事が非常に大切です。

編集部
子供関係のコミュニティに入っている事もあるので、よく読んでチェックしてみましょう。

プロフィールに書いておく

自己紹介欄に「既婚者NG」と書いておくと回避しやすいです。

婚活向けのアプリは既婚者NGが前提ですが、遊びや恋活が目的だと既婚者の利用を制限していないアプリもあります。
そういった場合は、既婚者も独身ユーザーと変わらず出会いを探しているので、「独身と出会いたい」という意思表示をしなければいけません。

大半のマッチングアプリには自己紹介欄に自由に文を入力できるので、そこに「既婚者NG」と書いておきましょう。
予め記載しておけば、既婚者がわざわざ連絡をしてくる事はほぼなくなるので、高確率で回避できます。

編集部
ただし、それでも既婚者だという事を隠してアプローチしてくる場合もあるので、注意は必要です。

焦らずじっくり距離を縮める

早期に関係を進展させようとするほど、既婚者と遭遇しやすくなります。

既婚者の中でも特に体が目的の場合は、仲良くなる必要がないのですぐに会おうとアプローチしてきます。
関係を早く進めようとするほど、そういった既婚者との遭遇率が高くなります。

そのため、既婚者を回避するためには、焦らずじっくり距離を縮めていく事が大切です。

時間をかけて少しずつ距離を縮めていけば、その間に相手の細かな事も知れるので、独身だと嘘をついていても見破りやすくなります。

編集部
マッチングしてすぐ会おうとせず、メッセージでやり取りして信頼できると思ってから会うようにしましょう。

マッチングアプリで既婚者と分かった時の対処方法

マッチングアプリで既婚者と分かった時の対処方法
次に、マッチングアプリで出会った相手が既婚者だと分かった時の対処方法をご紹介します。

既婚者だと判明するまでのタイミングごとに紹介していくので、既婚者と出会ってしまった時に参考にしてみて下さい。

マッチング前に既婚者だと分かった場合

  • 間違って「いいね」を送らない。
  • できるだけ足跡を残さない。
  • 先にブロックしておく。

相手探しの段階で既婚者を見つけた時は、極力関わらないようにしましょう。
「いいね」を送らないのはもちろんですし、気があると勘違いされないためにも、何度も相手のページに飛んで足跡を残さない事も大切です。

また、見つけた相手を忘れて再び足跡を残してしまわないためにも、見つけた時点でブロックするのがおすすめです。
ブロックしておけば間違ってマッチングする可能性もありませんし、相手にあなたの事を知られるリスクも回避できます。

もし、既婚者の利用が禁止されているアプリで確実に相手が既婚者だと分かった場合は、マッチング前でも通報してOKです。
運営が確認して既婚者だと判明すれば、適切な対処をしてくれます。

編集部
マッチング前なら対処方法も簡単です。しっかり相手のプロフィールを読んで事前に回避していきましょう。

マッチング後に既婚者だと分かった場合

  • はっきり断って可能性がない事を伝える。
  • しつこい場合は運営に通報する。

マッチング後の早い段階で既婚者だと分かった場合は、はっきり断ってしまいましょう。
マッチング後すぐなら相手も様子を伺っている段階なので、はっきり断ればしつこくアプローチされる事も少ないです。

「真剣に出会いを探したいので今回は遠慮させていただきます。」
「すみません、既婚者の方とはメッセージできません。」

上記のようにはっきりと「無理です」と伝える事が大切です。

それでも尚アプローチが続く場合は、ブロックするか運営に通報して対応してもらいましょう。
既婚者の利用を禁止しているアプリなら、違法ユーザーとしてアカウントの利用を停止してくれます。

編集部
曖昧に断るとごまかされる場合も多いので、誰が聞いても分かるようにはっきりと断るようにしましょう。

デート以降に既婚者だと分かった場合

  • 丁寧に断る。
  • フェードアウトを狙う。
  • 必要な場合は専門機関に相談する。

デートをしてある程度仲良くなった段階で既婚者だと分かった場合は、穏便に別れるようにしましょう。

この段階になると、相手がどこまで自分の情報を知っているか分かりません。
場合によっては、ストーカー行為をされたり嫌がらせをしてくる可能性もあります。

そのため、丁寧且つ穏便に別れる事が大切になってきます。

「すみません、急に仕事が忙しくなってしまってしばらく出会い探しはお休みしようと思います。」
「ちょっと具合悪くなってしまったんで、今日はこれで帰ります。また落ち着いたら連絡します。」

このような感じで、当たり障りのない文言で断るのがポイントです。
その後は、こちらから連絡はせずにフェードアウトを狙ってみましょう。

マッチング早期と違って、はっきり断るほど相手の気持ちを逆なでしてしまい、かえって良くない結果になってしまう事も多くなってきます。
特に女性の場合、張り合って謝罪させようとすると、男性が逆上して何をされるか分からないので注意しましょう。

編集部
マッチング後は運営に通報しても対応しきれない場合が多いので、どうしても困った時は弁護士や消費者生活センターに相談してみるのもおすすめです。

既婚者とマッチングするメリットはない?

既婚者とマッチングするメリット
ここまで、マッチングアプリで既婚者を回避する方法や対処方法などを紹介してきましたが、マッチングするメリットが全くないわけではありません。
場合によっては、既婚者とマッチングした事が人生の転機になるような事もあります。

そこで最後に、既婚者とマッチングするメリットをご紹介します。

既婚者とマッチングしたい時は、既婚者が利用できるアプリを選んで出会いを探す必要があります。

線引をしやすく友達関係を作りやすい

恋活や婚活には不向きな既婚者ですが、友達作りが目的の場合だと独身の異性よりも向いている場合が多いです。
理由は、既婚者という事で自動的に線引ができるからです。

友達作りは大人になるほど簡単ではなくなるため、マッチングアプリで友活している方も多いです。
しかし、独身や恋人がいない者同士だと、どうしても恋愛対象として意識してしまい、友達にはなりづらかったりします。

相手が既婚者だと、お互いに「絶対に男女の関係にならない」という認識を持った状態で知り合えるので友達関係も作りやすいです。

編集部
恋愛抜きで気を使わずにいられるので、関係維持も楽だったりします。

結婚や恋愛のアドバイスを貰える

既婚者は経験が豊富で、自分にない知識をたくさん持っています。
特に、あなたが未婚で子供もいなければ、結婚や子育てについて具体的な感想やアドバイスを聞けたりします。

また、マッチングする相手は異性なので、異性の視点で悩み相談に乗ってくれたりアドバイスをしてくれるのも大きなポイントです。
それを活かしていけば、恋活など本気で出会いを探す際に、理想のパートナーを見つけやすくなったりします。

編集部
「既婚者」と「異性」という2つの異なる視点でアドバイスを貰えるのは、とても魅力的ですね。

自分に合う異性を紹介してもらえる

マッチングしたのが既婚者でも、その相手から恋人候補を紹介してもらえる場合もあります。
狙って紹介してもらうのは難しいですが、信頼関係を築ければ可能性はゼロではありません。

友達の紹介なら好みや性格を知った上で出会えるので、マッチングアプリで自分で探すよりも高い確率で素敵な出会いが見つかります。

仲介してもらう事で交際に発展しやすくなったりもするので、もし既婚者とマッチングして仲良くなった時は相談してみましょう。

編集部
恋活や婚活でマッチングできなかった人も、この方法なら出会いが見つかる可能性があります。

既婚者を回避してマッチングアプリで理想の出会いを見つけよう!

既婚者を回避してマッチングアプリで理想の出会いを見つけよう
マッチングアプリには色々な人が様々な目的で出会いを探しているので、アプリによっては既婚者とマッチングしてしまう事もあります。

もし、真剣に恋活や婚活をしたい場合は、既婚者NGのアプリや独身証明機能のあるアプリを選ぶようにしましょう。

また、既婚者が結婚歴を隠して出会い探しをしている場合もあるので、しっかりプロフィールを読んで既婚者を見分けていく事も大切です。

編集部
既婚者を回避したり適切な対応をするためには、とにかく焦らない事が大切です。理想の相手を見つけるためにも、じっくり慎重に出会いを探していきましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ