MENU

パパ活バッグとは?ディオール(DIOR)が人気?もらって嬉しいブランドもご紹介

パパ活バッグ
パパ活バッグって何?
パパ活女子に人気のバッグは?
レディ・ディオールがパパ活バッグと呼ばれるのはなぜ?
今話題のパパ活ですが、「パパ活バッグ」という言葉を聞いたことはありませんか?

パパ活をしていると、お手当以外に高級なプレゼントをもらえることも少なくありません。
中でもプレゼントの主流であるバッグには、パパ活女子御用達のものもあります。

そこで今回は、パパ活女子に人気のパパ活バッグについてご紹介します。
ゆれか
パパ活バッグについて詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ファッションに関しては下記でご紹介しています!是非あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
パパ活におすすめの服装を解説!人気ブランドやコーデのポイントもご紹介 パパ活をする時、どんな服装でデートに行けばいいか悩むことはありませんか? 実は、パパ活が成功するかどうかは、第一印象でほとんど決まります。 パパに気に入られる...
タップできるもくじ

「パパ活バッグ」の意味とは?

パパ活バッグとは

通称「パパ活バッグ」とも言われるレディ・ディオール

DIOR(ディオール)

高級ブランドバッグはたくさんありますが、中でもパパ活女子に好まれているブランドがDIOR(ディオール)です。

ディオールのバッグは、パパ活女子御用達。中でも、LADY DIOR(レディ・ディオール)のバッグはパパ活女子からの人気が高く、保有している割合も多いため、通称「パパ活バッグ」とも言われています。

20代の女性には特に憧れのバッグですが、価格帯が約60~100万円とかなりの高額になるので、普通のOLでは手の出せない値段。

しかし、パパ活女子ならお手当がたくさんもらえるので買うことも可能。

ゆれか
また、誕生日やイベント時にプレゼントとしてパパからもらえることもあるでしょう。

レディ・ディオールの特徴

DIOR(ディオール)はクリスチャン・ディオールによって設立されたフランスの由緒正しきブランド。
LADY DIOR(レディ・ディオール)は、そのディオールの象徴的なバッグです。

レディ・ディオールは、「カナージュ」と呼ばれるエレガントで女性らしい格子柄と、DIORのスペルをかたどったチャームが特徴。エレガントで気品あふれるデザインは、手に持つとプリンセスのような気分を味わえるでしょう。

マイクロサイズからラージサイズまで展開も豊富で、サイズによって金額も大きく変わりますが、お財布や携帯など最低限の物を入れられるミニサイズが人気。
ちなみに、レディ・ディオールはお財布でも10万円前後、携帯ホルダーでも20万円前後と超ハイブランドです。

ゆれか
ディオール自体は幅広い年齢層に支持されていますが、レディ・ディオールはパパ活女子の多い10~20代の女性に特に人気となっています。

芸能人や海外セレブも愛用している

レディ・ディオールはステータス性の高いブランドバッグのため、芸能人や海外セレブも愛用しています。

  • 新木優子
  • 桐谷美鈴
  • 藤田ニコル
  • 中村アン
  • 菊地亜美
  • エマ・ワトソン

など

また、レディ・ディオールはダイアナ元妃が愛用していたことでも有名です。

高額なことから、成功の証ともいわれるレディ・ディオール。

ゆれか
芸能人や海外セレブも愛用していることから、自分をアピールしたい願望の強いパパ活女子がこぞって身に付けるのでしょう。

他にもある!パパ活女子が貰って嬉しいブランドバッグ一覧

パパ活女子が貰って嬉しいブランドバッグ一覧
パパ活バッグというとレディ・ディオールをイメージする人が多いですが、他にもパパ活女子が好むブランドバッグもあります。

ここでは、パパ活女子が貰って嬉しいブランドバッグ8選をご紹介します。

CHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)は、ココ・シャネルが創業したフランスの有名ファッションブランドです。

中でも人気のあるバッグは、シャネルの代表的なチェーンバッグ「マトラッセ」です。シンプルかつエレガントで、トレンドに左右されないデザインは、数あるアイテムの中でも一番人気です。

マトラッセは、ダイヤ模様のキルティング加工と高級感あるチェーンストラップが特徴的。

お財布機能+α程度のものからビックサイズのものでサイズの幅も広く、カラーバリエーションも豊富です。

ゆれか
金額は約40万~150万とサイズや素材によっても大きく違います。

CELINE(セリーヌ)

CELINE(セリーヌ)

CELINE(セリーヌ)は、1945年に創業のフランス・パリに本拠地を置き、世界に展開するファッションブランドです。

セリーヌのバッグは、シンプルかつ流行に左右されないデザインで、普段使いしやすいのが特徴。上品で高級感があり、カラー展開も豊富です。

黒やベージュなど落ち着いたカラーが多く洗礼されたイメージが強いこともあり、20代後半から30代以降のパパ活女子に好まれます。

ゆれか
セリーヌのバックは、デザインや素材によっても異なりますが約20万~90万円ほどが相場となり、ディオールやシャネルに比べると手が届きやすい価格です。

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)は、1837年に創業された世界でも人気の高いブランドで、ハイブランドの中の最高峰です。

元々高級馬具メーカーとして誕生したこともあり、その名残として従者と馬車のロゴが今でも残っています。

エルメスのバッグといえば、バーキンやケリーが人気。時代が変わっても飽きの来ないシンプルなデザインとその耐久性で多くの人に愛されています。

ただし、お値段も最高峰で、バーキンもケリーも約150万円以上とかなりの高額。

ゆれか
銀座のママレベルなら持っていても違和感がありませんが、20代前半のパパ活で持つのは難しいでしょう。

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)は、洗礼されたデザインが魅力的なイタリアの世界的ブランドです。

ブランドを象徴する三角形のロゴは、年代を問わず幅広く受け入れられています。ハイブランドの中では手頃な価格帯のアイテムも多いので、パパにおねだりしやすいブランド。

上質な素材でありながら、シンプルで上品さもあるプラダのバッグは、特に30代女性からの支持が多く、比較的落ち着いた大人の女性に好まれます。

お値段は約30万円前後のものが多いですが、約20万円~100万円まで幅広いのが特徴的。

ゆれか
デザインもカラーも豊富で、自分にピッタリ合うものを見つけやすいでしょう。

MIUMIU(ミュウミュウ)

MIUMIU(ミュウミュウ)

MIUMIU(ミュウミュウ)は、1993年にプラダが発表した姉妹ブランドです。

女性らしいカラー展開とやわらかい素材感が特徴。かわいらしい雰囲気のため若い女性の愛用者が多く、特に20代女性からの人気が高いです。

お値段も約20万円~40万円なので、少し稼いでいるパパ活女子なら手の出しやすい金額。誕生日やクリスマスなどのイベント時に、パパにもおねだりしやすいでしょう。

プラダに比べるとリーズナブルな価格帯で、アクセサリーやウェアなどラインナップも豊富。

ゆれか
お財布も10万円以下で購入することができます。

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)は、1921年に創業したイタリアの高級ファッションブランドです。

ダブルGのロゴが有名で、ブランドに詳しくない人でもわかりやすいのが特徴。グッチ独特の洗礼されたデザインと耐久性がよく長く使えることから、幅広い世代に愛されています。

バッグは様々な素材とデザインで展開されています。価格は約10万円~40万円のものが多いですが、中には50万円を超えるものも。稼げるパパ活女子なら、自分で購入することもできるでしょう。

ゆれか
定番のGGキャンパスやバンブーバッグをはじめ、ラインナップが豊富なのも魅力です。

BALENCIAGA(バレンシアガ)

BALENCIAGA(バレンシアガ)

BALENCIAGA(バレンシアガ)は、バスク系スペイン人のクリストバル・バレンシアガによって1914年に設立されたファッションブランドで、本店をフランスに構えています。

バッグは洗礼されたデザインと高い品質で有名。シンプルかつモード系を意識していることもあり、特に30代以上の綺麗目な女性に人気があります。

バレンシアガのバッグは、クロスボディバッグ、ショルダーバッグ、トップハンドルなどスタイルも豊富。

価格は約20~50万円の物が多いですが、中には100万円を超えるものも。

ゆれか
ウォレットなど小物であれば、パパ活女子以外でも購入できる値段です。

FURLA(フルラ)

FURLA(フルラ)

FURLA(フルラ)はイタリア発のファッションブランド。革製品メーカーで、バッグ・靴・アクセサリーなどを中心に展開しています。

中でもイタリアの革職人が伝統的な技術と最高級の素材を駆使して作るバッグは、人気の高いアイテムです。

フェミニンな雰囲気でありながらエレガンスさと適度なカジュアル感を持つデザインが特徴。普段使いもでき、特に20代の女性から支持されています。

ゆれか
価格帯も、約5万円~10万円程度と高級ブランドの中では比較的安めなので、高価なプレゼントをおねだりしにくいという女性にもピッタリです。

「パパ活ランドセル」「パパ活リュック」って何?

パパ活バッグについてご紹介してきましたが、他にも「パパ活ランドセル」「パパ活リュック」という言葉もあります。

「パパ活ランドセル」「パパ活リュック」とは、パパ活女子が好むバックパックのことです。
定番は、韓国ブランドMCM(エムシーエム)のバックパックです。

パパ活ランドセル・パパ活バッグの定番「MCM(エムシーエム)」

MCM(エムシーエム)は、ドイツ生まれのラグジュアリーブランド。2005年に韓国の大手企業に買収され、韓国ブランドとして再出発をしています。

エムシーエムのバックパックは、歌舞伎町の地雷系女子の間で流行し、「歌舞伎町ランドセル」「歌舞伎町バック」などと呼ばれていました。

その名残から、パパ活ランドセルの定番とも言われています。

ゆれか
エムシーエムのバックパックの価格は、約10万~20万円とブランドバッグの中ではお手頃です。

パパ活ランドセル・パパ活リュックが有名なブランド

MCMのバックパック以外にも、パパ活ランドセル・パパ活リュックのブランドはあります。

  • DIOR(ディオール)のトラベルバッグパック
  • CHANEL(シャネル)のバックパック

どちらも「パパ活ランドセル」「パパ活リュック」と呼ばれていますが、持っているからといって必ずパパ活に結び付くわけではありません。

頑張った自分へのご褒美として購入することもありますし、家族などからプレゼントされることもあるでしょう。

ゆれか
高級バッグは持っているだけで気分が上がるので、偏見は気にする必要はありません。

【Q&A】パパ活バッグでよくある質問

偽物のバッグを掴まされたら?

バッグが偽物だった場合、購入した店舗が分かっている時は警察に通報し、購入したお店の情報を伝えましょう。

ただし、あらかじめパパが購入しプレゼントとして渡してくれた時は、本物か偽物かを鑑定したことがパパにバレるので、伝えることはおすすめできません。

偽物を掴まされないためにも、ブランドバッグを購入する時は2人で正規店を訪れるのがおすすめ。
正規店であれば証明書も付いているので、偽物を掴まされることはありません。

ディオール店員はパパ活女子が嫌い?

最近のパパ活流行に伴い、店舗でパパにバッグを購入してもらう人が増えてきました。
実際に「ディオール店員はパパ活女子が嫌い」という噂を耳にした人もいるかもしれません

パパ活女子に人気のディオールは、価格帯が約60~100万円とかなりの高額で、一般人が簡単に買える金額ではありません。

そのため、パパと若い女の子がバッグを買いに来ていると十中八九パパ活だろうと思われるはず。同じ女性であれば、嫉妬心を抱くこともあるでしょう。

バッグを買ってくれるパパの特徴は?

パパが必ずしも高級バッグを買ってくれるとは限りません。パパ活で高級バッグを買ってくれるパパには、次のような特徴があります。

  • 経済力のあるお金持ちのパパ
  • 買い物デートに応じてくれるパパ
  • 年齢層の高いパパ

高級ブランドバッグを買ってもらいたいのであれば、お金持ちのパパであることが必須条件。
金銭的に余裕があり、ある程度財布の紐がゆるそうなパパを狙うのがポイント。

また、最初から高級バッグをプレゼントしてくれるパパはほとんどいません。
パパを楽しませ、信頼関係を築けばご褒美としてもらえる可能性がより高くなるでしょう。

パパ活バッグはパパ活女子にとってステータス!

パパ活女子にとってステータス
パパ活バッグといえばレディ・ディオールが定番ですが、他にもシャネル、セリーヌ、エルメスなど人気ブランドはたくさんあります。
また、パパ活ランドセル・パパ活リュックと呼ばれるバックパックもあります。

高級ブランドのバッグを持つことは、パパ活女子にとってある意味ステータスとも言えるでしょう。

ただし、パパが必ずしも高級バッグをプレゼントしてくれるとは限りません。ある程度経済的に余裕があるパパであることが必要です。

ゆれか
また、偽物を掴まされないためにも、あらかじめ用意してもらうのではなく、一緒に正規店に行って購入するようにしましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ