MENU

パパ活はプロフィールが重要!自己紹介文の書き方のコツや例文もご紹介

パパ活プロフィールの書き方
パパ活アプリのプロフィールの書き方がわからない
パパと全然出会えないのはプロフィールのせい?

パパ活アプリやサイトで良いパパ・太パパを見つけるためには、プロフィールがとても大切です。

どれだけ美人の女性でも、間違った書き方をしてしまうと良いパパに出会えません。逆に書き方のコツを掴めば、たくさんのパパと出会えて、太パパも見つけやすくなるでしょう。

ゆれか
そこで今回は、パパ活の自己紹介文やプロフィールの書き方をご紹介します。
書き方のコツや避けたいポイント、使える文例なども併せてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
ゆれかが選ぶおすすめサイト・アプリ
paddy(パディ) paddy67.today
paddy(パディ):
  • 業界最大級のユーザー数
  • 女性は完全無料
  • すぐに希望の人と出会える
パディを見てみる
ワクワクメール 550909.com
ワクワクメール:
  • 安心安全に使える!
  • 会員数1,000万人突破
  • リッチな支援者多め
ワクワクメールを見てみる
Jメール mintj.com
Jメール:
  • まずはご飯から♪
  • 初めての方でも安心
  • 太パパ在籍中!
Jメールを見てみる
タップできるもくじ

パパ活を成功させるにはプロフィールが特に重要

ゆれか
それぞれ詳しく解説します。

興味を持ってもらえるかどうかはプロフィール次第

現在、パパ活はアプリやサイトを利用して行うのが主流です。

アプリやサイトに登録後、自分を紹介するためにプロフィールを作成しますが、パパ活を成功させるためにはこのプロフィールが特に重要となってきます。

プロフィールはパパが最初に目にするもの。「会いたいか、会いたくないか」を判断する手段はプロフィールしかありません。

プロフィールが適当だと、「軽そう」「サクラじゃない?」と思われてしまい、パパからの「いいね」も激減してしまいます。

一方、しっかりとプロフィールが作られている女性は、パパからも好印象。どのような女性か想像することができれば、「会ってみたい」「アプローチしたい」と思うもの。

パパは、自分に合った女性、好みの女性を探すためにお金を払ってサイトに登録しています。

ゆれか
真剣に女性選びをしているからこそ、その気持ちにこたえるように女性もプロフィールをしっかりと作ることが大切なのです。

プロフィールを充実させることでライバルと差別化できる

パパ活という言葉が広まってきていることからもわかるように、今はパパ活女子の数も急激に増えています。

パパ活アプリやサイトにおいても女性の比率が高く、ライバルが多い状態。そのような中、プロフィールを見てもらってパパに興味を持ってもらわないと、デートへとつなぐことはできません。

パパは何人もの女性のプロフィールを見ています。適当なプロフィールやありきたりなプロフィールでは、たくさんの中に埋もれてしまい、パパから見向きもされないでしょう。

他の人と同じようなプロフィールでは、パパの心に届くことはありません。

ゆれか
プロフィールを充実させて他の女性との差別化を図ることが、ライバルに勝つための方法でもあるのです。

良パパ・太パパほどプロフィールを重視する

お金に余裕がありパパ活をしている男性の多くは、社会で成功を収めてきた人。物事を判断する基準もしっかりしており、女性を見る目にも優れています。

そんなパパが好む女性は、礼儀正しく、誠実に活動をしている女性です。

プロフィールから、

  • 敬語を使い文章が書かれているか
  • パパに何を求めているのか
  • どのように楽しもうとしているのか

などその女性の「人となり」を判断します。

良パパ・太パパほど、女性の内面を重視し、長くパパ活を続けられる女性を探しています。

ゆれか
良いところを見せようとするのではなく、誠実なプロフィールづくりをすれば、自然と良パパ・太パパと繋がることができるでしょう。

こんな女の子が理想!パパが女性に求める5つのこと

プロフィールを作成する前に、パパが理想とする女性のタイプを理解しておくことが大切です。

パパたちは、次のような特徴をもつ女の子に惹かれる傾向があります。

これら5つのポイントを抑えてプロフィールを作成することで、よりパパに響く自己紹介文が書けるようになります。

それぞれの具体的な内容について詳しくご紹介します。

素人感

パパ活をする男性は、本音では次のようなことを思っています。

パパの本音
  • パパ活に慣れている子はNG
  • パパをお金として見てくる子はNG
  • 多くのパパと関係を持っている子はNG

女の子が「パパ活でお金を稼ぎたい」と思っていることは、パパ達も頭ではわかっています。しかし、パパ活に慣れているような子や露骨にアピールしてくるような女の子は好きではありません。

キャバ嬢のような水商売の女性っぽさがなく、パパ活に慣れていない「素人っぽさ」をアピールすることが大切です。

NG文例「優しくて、甘やかしてくれるパパ大募集中!」
「まずはお食事からでお手当1頂けると嬉しいです。」
OK文例「まだ使い慣れておらず、不手際があったらすみません。」
「人見知り気味なので、ゆっくり仲良くなれれば嬉しいです。」
ゆれか
自己紹介はあくまで控え目にするのが、素人感を際立たせるポイント。特に「お手当」「顔合わせ」などのパパ活用語は、慣れている感が出てしまうのでNG。

また、使用する写真にも注意が必要です。高級レストランや旅行、ブランドものを身につけている写真は、プロ感が出てしまうので注意しましょう。

清楚感

パパ活というと「大人の関係」をイメージすることも多いですが、良識あるパパは次のように考えていることがほとんどです。

パパの本音
  • 誰とでもエッチをするような子はNG
  • 経験人数の少ないピュアな子が理想

パパも男性なので、下心が全くないとは言えません。しかし、良パパ・太パパになるような男性は、遊び慣れていない「自分だけの女の子」を求めています。

実際にピュアであるかどうかは別として、パパに気に入られるためには上品で清楚感のある女性を演じる必要があります。

NG文例「条件が合えばそのうちの1人と関係を持ちたいです。」
「仲良くなれば体の関係もOKです。」
OK文例「大人の関係は無しでお願いします。」

たとえ大人の関係まで進んでも良いと思っていても、ストレートに伝えるのはNG。「清潔感がない」「品がない」と思われてしまう可能性も。

ゆれか
むしろ、「体の関係はナシでお願いします」とハッキリと伝えた方が、逆に清楚感をストレートにアピールすることもできます。

知的さ

パパ活をする男性は、女性に「知的さ」を求めています。

ここでいう「知的さ」というのは、頭脳明晰で勉強ができるということではありません。パパが求めている知的さとは次のようなものです。

パパの本音
  • 正しい言葉遣いができる
  • マナーや常識がある
  • 相手に気配りができ、合わせることができる

社会的に地位のある年上の男性は、常識のない女性とは一緒に居たくないもの。いくらルックスが良くても、女性としての品がない人にはお金をかけたくありません。

NG文例「美味しいごはんを食べさせてくださーい!」
「いろんな話が聞きたいな笑」
「一緒に楽しみましょう♪」
OK文例「美味しいごはんを食べながら、大人の世界について教えてください。」
「色々な話をお聞きしたいです。」
「有意義な時間を過ごせたら嬉しいです。」

タメ語や若者言葉は、軽くて馴れ馴れしく、知性を感じさせないので控えるのがベスト。

ゆれか
パパは、自分よりもずっと年上のことがほとんどです。人生の先輩でもあるので、敬う気持ちを忘れずに接することが大切です。

謙虚さ

パパ活でお手当やデート代などを出さなければならないということは、パパ達も十分わかっています。しかし、本心では次のように思っているもの。

パパの本音
  • お金を出してくれて当然と思ってほしくない
  • 「ありがとう」など感謝の気持ちを伝えてほしい

「デートをしてあげるんだから、対価をもらって当然!」と思うのはNG。あくまでパパ活では、「お小遣いは楽しいデートをする代わりにもらえるもの」と思っておくのが良いでしょう。

NG文例清潔感のない人は生理的に受けつけないので、ご理解ください。
写真は載せられませんが、容姿には自信があります。
こちらからメッセージは送りません。気になって頂けたらメッセージを送ってください。
顔合わせはこちらが指定した場所でお願いします。
OK文例友達からは、明るくて話しかけやすいと言われます。
ご飯を食べながら、一緒に楽しくお話ができれば嬉しいです。
自宅は埼玉ですが、東京へ行くことも多く、場所や時間は合わせられるかなと思います。
こんな私ですが、仲良くして頂けたら嬉しいです。

ストレートな物言いをしたり、具体的に提案をしたりすると、男性からは「上から目線」と捉えられてしまいます。

ゆれか
選ぶのはあくまでもパパであることを理解し、自己紹介文を作ることが大切です。

一生懸命さ

パパ達に長期的に支援をしてもらいたいなら、一生懸命さをアピールすることが効果的。

パパの本音
  • 頑張っている女の子を応援したい
  • 大人の世界を教えてあげたい。

パパ達は、頑張っている女の子を応援したい、支えてあげたいと思っています。一生懸命さを伝えるために、仕事や夢に向かって今頑張っていることを書くのが効果的です。

NG文例「英語を上手に話せるようになるのが夢です。」
「いつか経営者になれたらいいなって思っています。」
OK文例「将来は通訳の仕事をしたく、TOEICに向けて英語を猛勉強中です。」
「ヨーロッパに留学するために、コツコツ貯金をしています。」

アピールするときは、ビジョンが明確でない大雑把なものよりも、具体的に「何を」「どのように」頑張っているのかを書くのがおすすめ。

ゆれか
夢がある人はその夢を書くのも良いですが、夢がない人は勉強や仕事など頑張って前向きに取り込んでいるということをアピールするとよいでしょう。

稼げる自己紹介文の書き方はコレ!5つのコツをご紹介

パパ達が好む女性の5つのポイントをご紹介してきましたが、ここからは具体的に自己紹介文をどのように書いていけばいいのか、書き方のコツをご紹介します。

礼儀正しくする

自己紹介文を書く時は、礼儀正しさを意識するようにしましょう。

ポイントとしては、次の3点を守ることが大切です。

  • 挨拶から書き始める
  • 必ず敬語を使う
  • 締めの挨拶で終える

この3つを守ることで、文章から礼儀正しさが伝わるようになります。

冒頭に「はじめまして」、文末に「読んで下さりありがとうございます」「よろしくお願いします」など挨拶を付けることで、文章全体が柔らかくなります。

また、相手との距離を近づけたいという気持ちからタメ語を使う人もいますが、自己紹介文ではNG。

ゆれか
年上のパパの中には、下の人間からタメ語を使われることを失礼だと感じる人もいるので、最低でも初回デートが終わるころまでは敬語を使うことをおすすめします。

アピールポイントを書く

パパ活で自己紹介文を書く時は、アピールポイントをはっきりさせた方が良いでしょう。

アピールポイントには次のようなものがあります。

  • 容姿やスタイル
  • 性格
  • 学歴
  • 職業
  • スポーツをしている
  • お酒に強い

アピールポイントは、どのようなことでもかまいません。他の人と比べて自信があることは、積極的に伝えていくことが大切です。

ゆれか
書く時は、嫌味に聞こえないように、サラっと書くのが良いでしょう。
例文「モデル関係の仕事をしています。」
「明るい性格で誰とでも仲良く話せます。」
「最近ゴルフにはまっています。」

理想のデートコースを書く

プロフィールでは、「この子と付き合ったらどんなデートになるかな?」とイメージさせることが重要です。そのためにも、自己紹介文には理想のデートコースを書くようにしましょう。

  • 旅行やドライブに行きたい
  • 楽しく食事をしたい
  • 美味しいお酒が飲みたい
  • ゆっくり話をして過ごしたい

パパは、どのようなデートになるか想像しながらプロフィールを見ています。理想のデートを書くことで、実際どんなデートになるのかイメージしやすくなります。

ゆれか
また、具体的に書くことで、パパもデートに誘いやすくなるでしょう。

サイトに登録した目的を書く

なぜパパ活アプリやサイトに登録をしたのか、その目的を書くようにしましょう。

たとえお金が目的だったとしても、ストレートに書くのはNG。パパに嫌われてしまいます。偽ってもいいので、何かしらの目的を設定しておくことが大切です。

例文「経験豊富な大人の方に、自分の知らない世界について色々お聞きできたら嬉しいです。」
「将来自分のお店を持ちたいと思っているので、経営者の方とご縁があれば嬉しいです。」
「夢のために自分で学費を稼いで勉強しています。相談に乗ってくれる、余裕のある大人の男性とお会いしたいです。」

目的は、自分の夢や目標につなげると書きやすいです。

ゆれか
パパは、夢や目標に向かって頑張っている女の子を「かわいい」「支えてあげたい」と思うもの。さりげなくサイトやアプリに登録した理由にもつなげることができます。

いつ会えるのかを書く

プロフィールにいつ会えるのかを書くと、パパからの「いいね」をもらいやすいです。

例えば、「土曜日の夜」「平日の昼間」など具体的に書くのが効果的。

実際、パパ活をするお金持ちの男性は、多忙な人がほとんど。限られた時間の中で会える女性を探しているので、いつ会えるのかわからない人よりも、確実に会える人に連絡をしたくなるものです。

イレギュラーなケースもあるかもしれませんが、自分がある程度活動できる曜日や時間帯を書くようにすれば、パパの目に留まりやすいです。

ゆれか
また、パパからも「気の利く子だな」と好印象を持たれるでしょう。

パパ活のプロフィールで避けるべき5つのNGポイント

パパから好かれやすい自己紹介文の書き方をご紹介してきましたが、これを書くとNGというものもあります。そこで、プロフィールで避けるべき5つのNGポイントをご紹介します。

プロフィールが短すぎる

プロフィールを2~3行でまとめている女性も結構多いですが、印象があまりよくありません。

NG文例大人の世界を勉強したいと思い登録しました。
誰とでも仲良くなれる性格で、スタイルや容姿にも自信があります。
支援して下さる方がいましたら、よろしくお願いします。

短すぎるプロフィールは、情報をしっかり書くことができません。そのため、パパもどのような人なのかがわからず、「いいね」を押すこともほとんどありません。他にも、簡単に済ませているように見え、真剣ではないのではと疑われてしまうことも。

プロフィールは、自分がどのような女性なのかわかるように書くのが鉄則。目安としては、300~400字程度がベスト。

ゆれか
読む人のことを考えて、長すぎず短すぎない文章を心掛けるようにしましょう。

パパ活をしていることをアピールする

パパ活アプリやサイトを利用している時点で、女の子がパパ活をしているのは当然のこと。しかし、「パパ活をしています!」とハッキリわかるようなプロフィールの場合、男性からは避けられてしまいます。

  • 男性を「パパ」と呼ばない
  • パパ活用語は使わない(「お手当」「太パパ」「顔合わせ」「アポ」など)
  • パパ活慣れしているような感じの言葉は使わない(「ドタキャン、バックレはなしでお願いします」など)
  • 誰とでもすぐにエッチをするような感じはNG(「体の関係OKです」など)

パパ活をする男性は、男性に慣れていない、素朴で普通の女の子が理想です。

ゆれか
プロフィールでは不慣れな雰囲気を匂わせ、パパ活をしていることがはっきりわかるような文言は避けるようにしましょう。

ストレートすぎる表現

効率よくパパを探すために、「~はNG」というように初めから男性を否定するような文章を自己紹介文に入れる人もいますが、絶対に避けるようにしましょう。

  • 「下ネタは即ブロックします。」
  • 「ヤリモクはNG!」
  • 「ガツガツしている人は苦手なのでご遠慮ください。」
  • 「会う気が無かったら連絡しないでください。」
  • 「清潔感のない男性は生理的に受け付けません。」

パパ活をする男性は、女性に優しさを求めています。そのため、こうしたパパを突き放すような言葉はNG。相手に冷たく不愛想な印象を与えてしまいます。

「体の関係NG」というのも、伝えるなら後々のメッセージのやり取りで行うのがスマート。

ストレートな文言は、自分にとってのNGの人を遠ざけることはできますが、同時に良パパも遠ざけてしまいます。

ゆれか
プロフィールは多くの男性に興味を持ってもらうことが目的なので、わざわざ門前払いをせず、極力書かないようにするのがベストです。

ネガティブ思考な言葉

パパが求めているのは、明るくて笑顔の多い女性です。ネガティブで暗くなるような言葉を使うことはやめましょう。

  • 「ずっと悩んでいます。」
  • 「毎日暇すぎて死にそうです。」
  • 「最近彼氏と別れました。」
  • 「写真は詐欺で実物とは全然違います。」
  • 「私なんかとお付き合いしてくれる人はいないと思いますが・・・。」

実際に悩みを持っているとつい書いてしまいがちな文言ですが、ネガティブな文章は相手にマイナスの印象しか与えません。一緒に居るとこちらまで気分が暗くなってしまうので、逆に避けられてしまうことに。

ゆれか
パパは常にポジティブで前向きな女性に魅力を感じます。プロフィールは自分をアピールする場でもあるので、ネガティブな言葉は避けるようにしましょう。

お手当などの細かい条件を書く

プロフィールにお手当などの条件を記載している人も多いですが、絶対にやめましょう。

  • 「お手当は食事1でお願いします。」
  • 「月20で契約してくれる人を探しています。」
  • 「食事のみのお付き合いでお願いします。」

もちろん、パパ活をしている女性はお金が目的ということをパパも理解しています。しかし、パパはお金にガツガツしている女性が嫌い。あまりにもストレートに表現されると、人として軽蔑されてしまいます。

条件のすり合わせは、パパとマッチした後で問題ありません。

ゆれか
できるだけ多くのパパに興味を持ってもらえるよう、細かいお手当の条件を書くことはやめましょう。

【コピペOK】パパが見つかりやすい自己紹介例文集

ここでは、実際にプロフィールで使える自己紹介文の例をご紹介します。コピペして、自分の状況に合わせアレンジして使ってみてください。

例文:学生の場合

はじめまして!
都内の大学に通う21歳の○○と申します。

大学では英文を専攻していて、将来は通訳の仕事をするのが目標です。
親からの仕送りとアルバイトで学費を支払っていますが、それだけでは生活が苦しく、親に負担もかけたくないという思いから、初めて登録してみました。

周りからは「ポジティブだね」「いつもニコニコしているね」と言われることが多いです。
身長は153cmと小柄で、芸能人の○○さんに似ていると時々言われます。

色々と経験がなく緊張してしまうので、優しくリードして頂ける方だと嬉しいです。
お会いしていく中で色々教えて頂き、大人のマナーを覚えたいです。

できるだけ場所や時間は合わせます。
不慣れですが、どうぞよろしくお願いします。

例文:OLの場合~その1

はじめまして!
プロフィールを見て頂き、ありがとうございます。

都内でフラワーアレンジメントの仕事をしている24歳です。
今はまだ先生のアシスタントやアレンジメントのお手伝いをしていますが、
いつかは自分のお店を開いたりイベントでお花を任されたりしたいと思っています。

見た目は「優しそう」「おっとりしている」と言われることが多いです。
素敵な大人の男性とお知り合いになれたらと思い登録してみました。

美味しいお食事やお酒を楽しむのが好きで、特にワインが大好きです。
一緒にお食事やお酒を楽しみながら、お話できれば嬉しいです。

1人の方と長期的に関係が築いていけるのが理想です。
はじめたばかりで緊張してしまうかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

例文:OLの場合~その2

はじめまして!
プロフィールを見て頂きありがとうございます。
都内でOLをしている〇〇と申します。

学生の頃からテニスを続けています。
そのせいか、体も細身ですらっとしていると言われます。
体を動かすのが大好きで、運動はするのも見るのも大好きです。
どんなスポーツも1度はチャレンジしてみたいと思ってしまいます。

今はゴルフとダイビングが気になっていて、来年はハワイに行ってチャンレジしてみたいと密かに夢見ています。

2年ほど彼氏がいませんでしたが、最近仕事にも慣れてきたこともあり、仕事帰りや週末に一緒に食事やお酒を楽しんだり、趣味のスポーツを楽しんだりできる大人の男性の方と仲良くなれたらと思い登録してみました。

思い出に残る素敵な体験をしてみたいです。
ぜひお気軽にメッセージよろしくお願いします。

パパ活のプロフィール写真で絶対に外さない6つの選び方

ここまで自己紹介文の書き方についてご紹介してきましたが、いくら自己紹介文を作りこんでも、プロフィール写真が微妙だとパパから連絡をもらえる確率は一気に下がります。そこで、パパ活のプロフィール写真で絶対に外さないポイントをご紹介します。

写真は複数枚掲載する

写真は1枚だけでなく、複数枚登録するようにしましょう。

多くのパパ活アプリやサイトでは、写真を複数枚登録することができます。1枚だけよりも複数登録した方が、ライバルに差を付けることができます。また、1枚だけだとパパから「写真詐欺」を疑われてしまうことも。

ゆれか
登録する写真はワンパターンなものではなく、色々なバリエーションの写真を登録するようにすると良いでしょう。

顔が写っている写真は必須

写真を登録する際、必ず1枚は顔が写っている写真を掲載しましょう。

実際相手の顔を見ないと、パパも判断のしようがないので、良いねを押される確率はほとんどありません。顔写真を掲載することで、圧倒的に出会いの数も広がります。

顔写真に抵抗がある人は、少し遠くから写っている写真を選んでもOK。また、下を向いたり髪の毛で顔の一部を隠したりするなど、全体はわからなくても雰囲気が伝わるような写真を載せるのもいいでしょう。

ゆれか
また、掲載する写真は無表情なものではなく、笑顔の写真を選ぶようにしましょう。

全身が写る写真も入れる

写真を複数登録するとき、全身が写る写真も1枚入れるようにしましょう。

パパも男性なので、女性のスタイルに興味があります。スタイルや全体の雰囲気が分かる写真を入れると、パパからの「いいね」率はグッと高くなるでしょう。

特に、「胸が大きい」「足が綺麗」「お尻が綺麗」など、男性が好むような写真を選ぶのがポイント。

ゆれか
特に自分の自信のあるパーツを強調する写真を載せることで、パパから興味を持ってもらえる可能性も高くなります。

服装にもこだわる

良パパ・太パパを惹きつけたいという人は、清楚で女性らしい服装を選ぶようにしましょう。

実際にパパと会うことをイメージして服装を選ぶのがベスト。パパが好むワンピースやスカートといった女性らしい格好がおすすめです。

逆に、スニーカーやデニム、ショートパンツなどカジュアルでボーイッシュな服装はパパの印象に残りません。また、派手な服装もNG。ブランド小物などもなるべく写りこまないように注意が必要です。

ゆれか
また服装だけでなく、清潔感がある女性らしいメイクやヘアスタイルを心がけましょう。

加工はしすぎない

プロフィールに写真アプリで撮影した写真を使うことはできますが、あまりにも加工しすぎている写真はおすすめできません。

光を飛ばしたり肌の色を調整したりするくらいの適度な補正ならOKですが、目が大きくなっていたり顔の輪郭まで変わっているような加工しすぎの写真はNG。

バレないだろうと思っていても、パパは日頃から女性の写真を見ているので、加工はすぐにバレます。いくら可愛い写真でも、「会ったらとんでもない人が来るのでは?」と思い、女性を避けてしまいます。

ゆれか
適度な加工は自分を綺麗に見せるために必要ですが、やりすぎると逆効果になってしまうのでやめた方が無難です。

親しみやすい場所での撮影がおすすめ

写真撮影は、親しみやすい場所で行うのがおすすめです。

高級レストランやタワーマンションの夜景などを背景に写真を撮ると、どうしても「お金がかかりそうな子」というイメージが強くなり、パパも敬遠しがち。クラブやパーティーなどで遊んでいる写真も、「軽そうな子」という印象を与えてしまいます。

パパ活のプロフィール写真は、素人感や素朴さを感じさせることが大切です。明るめのカフェや公園など、素の自分に近い写真が撮れる場所を選ぶと良いでしょう。

ゆれか
飾りすぎないことで、より親しみも感じやすくなるはずです。

プロフィールでライバルに差をつけパパ活を成功させよう!

パパ活アプリやサイトで良いパパ・太パパを見つけるために、プロフィール作りはとても大切です。

プロフィールはパパが初めて目にするもので、これを元に「会いたいか会いたくないか」を判断します。適当に作ってしまうと、パパからのアプローチも激減してしまいます。

また、現在はパパ活女子も増えているので、ライバルに差を付けるためにもプロフィールをしっかりと作ることはとても重要です。

ゆれか
ちょっとした工夫をするだけで、理想のパパに会える確率もグッと高くなります。今回ご紹介したポイントを抑え、よりパパを魅了するプロフィールを仕上げてくださいね。素敵なパパに出会えますように!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ