MENU

セフレに告白された男女の気持ち!最適なタイミングや断り方まで解説

セフレに告白された

セフレは体だけの割り切った関係ですが、恋愛感情を持つこともあります。
実際に元セフレというカップルも珍しくはありません。

また、セフレに恋をして告白しようか悩んでいる人も多いです。
しかし、恋愛関係になりたくないからこそ、曖昧なセフレという関係を選ぶ人もいます。

編集部
そんなセフレを好きになったり、逆に告白された場合はどうすれば良いのでしょうか。
今回は、セフレと告白について詳しくご紹介します。
タップできるもくじ

セフレに告白された男女の気持ち

セフレという関係を続けている以上、相手に対しての好意はあります。しかし男女の恋愛関係とはまた別という人も多いもの。

そんなセフレに告白をされたら、とまどってしまうことも考えられます。

では、実際にセフレに告白された場合、どのような感情を抱くのでしょうか。男女別の反応をご紹介します。

男性の気持ち

「付き合うのは面倒だけど今の関係は続けたい」

セフレとしての関係には満足しているけど、付き合うとなるとちょっと面倒。かといって、断って会えなくなったりセックスできなくなるのは嫌…

というのが、多くの男が抱く気持ちです。

そもそもの話、男はセックスをした相手に対して感情移入をしない人が多いもの。割り切ってセフレという関係を楽しんでいる人が多いのです。

編集部
そのため、いきなり付き合うと言われても…でも別れたくないし…と困惑してしまう人が多いでしょう。
「付き合っても良いけどうまくいくか心配」

今現在恋人がいない人なら、付き合うことを考える場合もあります。案外、すんなりとOKしてくれるパターンもあるでしょう。

しかし注意しなければならないのが、セフレという始まりだったという点です。男はエッチな女が好きですが、浮気症な女は好きではありません。

矛盾しているかもしれませんが、一途でエッチな女を好む男が多いのです。

そして、セフレ関係はお互いフリー同士ではなく、浮気や不倫から始まることが多い点にも注目しなければなりません。

お互いもしくはどちらかにパートナーがいるから、付き合うのではなくてセフレという関係を選んだという人も多いはずです。

浮気関係から始まったセフレと付き合うと、やはり相手の浮気性が心配になってしまうもの。

編集部
そのため付き合ったとしても、最初はお試し感覚で相手を見極めたいという人が多いのです。
こじれる前に離れよう

ハッキリ言って、セフレに告白されたことを迷惑に感じる人もいます。特にモテる男は、体だけの軽い関係を求めている人も多いです。

恋愛関係になって話がこじれてしまう前に、セフレという関係自体も終わりにしよう。そう考え、離れていく男もいるでしょう。

離れていく男の多くは、恋愛に対してトラウマをもっていることが多いです。

編集部
例えば、ヒステリックだったり執着の激しい女との恋愛を経験し、恋愛自体に臆病になっていることも考えられます。

女性の気持ち

「本当の気持ちなのかわからない」

セフレに告白された女がまず感じるのは、不安です。女は、男に比べて恋愛関係に対して不安を持ちやすいもの。

例えば会えない時間が長く続いている時、男よりも女の方がイライラして、喧嘩になってしまうことが起こりやすいです。

そのため、セフレから告白されても、まずは不安になってしまうことがあります。

「本気じゃないことを言って、今頃後悔してないかな?」
「キープするためにあえて告白したのかも」
「その場のノリで好きって言っちゃった可能性は?」

などと考えて、余計に不安になってしまう人も多いです。

編集部
男から告白をする場合は、とにかく真剣に伝えなければなりません。そして、タイミングの見極めも重要です。
「実は前から好きだった」

女側もセフレ男のことが好きだったけれど、告白できなかったというパターン。これは、一番うれしいパターンです。

やはり一度セフレになってしまうと、そこから付き合うのは難しいこともあります。ここが難しいところで、あっさりと付き合って結婚までいく人もいるでしょう。

しかし、セフレから始まった恋だからと、諦めてしまう人もいるのです。

その点、お互いがいわゆる両片想いだったケースは、とてもうれしいもの。

編集部
特に女は気持ちを匂わせることが多いので、確信が持てるなら男から告白するのもありでしょう。
「セフレとしてキープしておきたい」

セフレ関係は、必ずしも平等とは限りません。男側がホテル代を出したり、中には食事代やプレゼントもしてくれる関係になっている場合もあります。

複数のセフレと関係を持ち、何かと援助してもらっているというケースもあるでしょう。

その場合、セフレから一歩進んで交際関係になると、リスクも伴います。他の男と遊んでいることがバレてしまったら、トラブルになるからです。

編集部
恋愛関係にならずに、うまくセフレとしてキープしておきたい。この感情を抱くのは、男だけではないのです。

セフレに告白する最適なタイミング

いきなりセフレに告白をすると、相手に驚かれてしまうかもしれません。

またセフレへの告白が失敗すると、セフレとしての関係が終わってしまうこともあります。そのため、セフレへ告白する時は慎重にしなければなりません。

ではセフレに告白する最適なタイミングはいつなのでしょうか。詳しくご紹介します。

距離を置いた後

自分の気持ちとしっかり向き合うという点でも、一度距離を置いた後に告白をするのがおすすめです。

特にセフレとひんぱんに会っている場合、情と愛情を勘違いしてしまっている場合もあります。

一度離れて、相手のことが本当に好きなのか自分の心と向き合ってみると良いでしょう。

そして、一度離れることで相手の気持ちが自分に振り向く可能性もあります。これは復縁でもよく言われていることですが、離れると相手の良さに気付きやすくなります。

編集部
いつでも会えるセフレという関係から一度離れることで、恋愛関係の進展がより期待できるのです。

ロマンチックな雰囲気になっている時

セフレといっても、関係性はそれぞれ異なります。セックスがしたい時だけ短時間で会う人もいれば、友人の延長線上のような感じで、お出かけなどを楽しむ人たちもいます。

大切なのは、二人の雰囲気です。例えば、ただ会ってセックスをして、即解散。

こんな関係性の時にいきなり告白をしても、受け入れてもらえない可能性が高くなってしまいます。

できれば、ある程度ロマンチックな雰囲気が出せるような関係性の状態で告白をした方が、成功率は高いです。

例えば間接照明やアロマを使って部屋をムーディーな雰囲気にしてみたり、いつもとは違う下着を着用してみるのも良いでしょう。

相手の反応を伺いながら、甘えたり甘やかしたりするのもおすすめです。相手側もセフレという関係だからと、甘えるのを控えている可能性もあります。

編集部
少しずつロマンチックな雰囲気を作り、段々と相手をその気にさせてしまいましょう。

お互いの状況が変わった時

相手の状況が変わった時も、告白の良いチャンスです。例えば、転職した時や、人間関係が変わった時に動くのが良いでしょう。

特に長くセフレ関係を続けている場合は、完全に告白のタイミングを見失ってしまっている人が多いもの。

その状態でいきなり告白をしたところで、相手も「今さら?」と思ってしまいます。

少しでも相手の気持ちが新しいことに向いている時に告白すると、新しく関係を見直してもらえるチャンスがあるのでおすすめです。

ただし、相手の状況が変わってすぐ動くのは得策ではありません。例えば転職した直後なら、神経質になっていることも考えられます。

編集部
相手の状況が変わり、気持ちが落ち着いた時を狙いましょう。

セフレに告白してフラれたらどうする?

勇気を出してセフレに告白しても、フラれてしまうことがあります。

では、フラれてしまった後はどうすれば良いのでしょうか。

セフレとして関係を続ける

相手が気にしていないなら、フラれた後もセフレ関係を続けることができます。もちろん告白をしている以上、以前と全く同じになるとは言い切れません。

しかし、セフレとしてなら関係が続けられる、というパターンもあります。

その場合は自分がどうしたいのか、よく考えてみてください。セフレという立場でも良いから、相手のそばにいたいのか。それとも自分の幸せを考えて、他の人を探すのか。

どのみち、相手が良いと言っているなら、すぐに離れる必要はありません。

例えば他の人との出会いも探しつつ、セフレとしての関係をゆるく続けることもできます。

編集部
フラれたショックで全てを手放してしまわないように、注意しましょう。まだチャンスはあります。

きっぱり離れる

関係がこじれそうなら、きっぱり離れてしまうのも一つの手です。セックスという深い関係の二人なので、離れる時は苦しみを伴うでしょう。

しかし、不安定なまま関係を続けていても、良い恋愛関係が構築できる可能性は低いです。またこじれてしまっている場合は、セフレとしての関係も気まずくなってしまうことがあります。

そんな時は、いっそ離れてみてください。離れてみて本当に相手のことが好きだと自覚できるなら、諦めずに好きでい続けるのも良いと思います。

逆に、離れることで執着が外れて、他の出会いに目が向くようになることもあります。

どんな時でも一番大切にしたいのは、自分が幸せになれるかどうか。

編集部
自分の気持ちと向き合うためにも、こじれているなら一度離れてみるのがおすすめです。

本命になれるまで諦めない

フラれても、すぐに諦める必要はありません。本命になれるまで諦めなければ良いだけの話です。

もちろん、セフレとしての関係が終わってしまったり、ぎくしゃくしてしまう可能性はあります。しかし、それは諦めるかどうかとはまた別の問題です。

自分の気持ちを隠して、またセフレとしてやり直すのも良いでしょう。

編集部
チャンスは一度だけとは限りません。また別のタイミングを待つことができます。

セフレに告白した時に諦めるべき答え

セフレに告白して、フラれたからといって諦める必要はありません。しかし、一時的に諦めた方が、他の幸せを探しやすくなる場合もあります。

セフレに告白した時に諦めるべき答えは何なのか、詳しくご紹介します。

「恋愛対象じゃない」

恋愛対象じゃないと言われた時は、諦めた方が良いでしょう。相手は、セフレに対して恋愛感情を求めていない人だということがハッキリとわかるからです。

セフレに対して、セックスだけではなく疑似恋愛を楽しむ人もいます。しかし、逆にセックスだけを求める人も少なくはありません。

特に男は割り切ってセックスのみを求める人も多いです。恋愛対象じゃないと言われたまま関係を続けても、苦しくなるだけ。

編集部
きっぱり諦めるか、一度完全に離れて新しい関係を再構築するのがおすすめです。

「他に好きな人がいる」

他に好きな人がいると言われてしまった場合、一度きっぱりと諦めた方が良いでしょう。できれば、離れることをおすすめします。

セックスをする間柄の人よりも、他の人を好きになる。このタイプの人とセフレ関係を続けていても、相手に振り向いてもらえる可能性は低いでしょう。

セックスで気持ちを振り向かせることができないタイプの人だからです。

むしろ、セフレ関係でいることで、より恋愛対象から外れていってしまう可能性が高くなります。

編集部
本命になりたいのであれば、一度離れるのが良いでしょう。

音信不通になった

セフレに告白をした後に音信不通になってしまった場合は、完全に拒否されています。この場合は諦めた方が良いでしょう。

ただセフレ関係を続けていたかった相手にとって、告白という行為は地雷だった可能性があります。

ここで相手のことを追いかけすぎてしまうと、余計に関係がこじれてしまいます。
無理に関係を戻そうとしても、うまくいかない可能性の方が高いです。

そして一度関係がこじれてしまうと、元に戻すのは困難です。

音信不通になってしまった場合は、絶対に追いかけずに一度距離を取りましょう。どうしても諦めたくないと思う場合は、余計に距離を取ってください。

編集部
後から良いタイミングでうまく立ち回るためにも、これ以上関係を悪くさせないようにしておくのがポイントです。

明らかに誠意が無い

セフレに告白をした時に、注意しなければならないのが相手に誠意が無い時です。「え、そうなんだー」と軽くはぐらかされてしまったり、笑われてしまったり。

このような、誠意の無い返答をされてしまうことがあります。

勇気を出した告白に対して誠意の無い返答をする人を思い続けていても、報われる可能性は低いです。

うまく答えられないからごまかしている場合もあるでしょう。しかし、どのみち恋愛関係には発展しないと考えられます。

編集部
そもそも、相手から下に見られていることも考えて、一度離れた方が無難です。

セフレに告白された時の上手な断り方

自分はただのセフレだと思っていたのに、相手から告白されることもあります。

うまくお断りするには、どうしたら良いのでしょうか。

はぐらかす

どうしてもハッキリ断れない場合は、いろいろな理由をつけてはぐらかすのが良いでしょう。

すぐに答えを出すのではなく、はぐらかしてから一度ゆっくり考える時間を持つようなイメージです。

今まで考えたことがなかったから、今はわからない。
自分の気持ちがわからないからしばらく今の関係を続けたい。

編集部
こう言ってはぐらかした後に結論を出しても遅くはありません。

セフレだからこその良い関係

関係を悪化させたくない、セフレとしての関係を続けたい。この場合は「セフレだからこそ良い関係を築けている」と伝えるのがおすすめです。

実際に、恋人関係になると相手の交友関係が気になったり、嫉妬してしまうことがあります。セフレだからこそ許容できるメリットというのも多いのです。

わずらわしいことを考えなくて良いから、恋人じゃなくてセフレがほしい。こういった考えの人も少なくはありません。

相手とのセフレ関係を続けていきたいのであれば、今ある関係のメリットを伝えてみましょう。

編集部
もし伝えてもわかってもらえないのであれば、今後も自分の気持ちをわかってもらえる可能性は低いです。

今は考えられない

ハッキリ断りたい、でも相手を傷つけてしまったり、怒らせてしまうのが怖い。そんな時は「今は考えられない」という断り方がおすすめです。

今は、ということで相手に希望を持たせることができるので、セフレとしての関係継続も期待できます。

ただし相手に希望を持たせるということは、またいずれ相手との関係について考えなければならない可能性が高くなります。

将来的に恋愛関係になるつもりが無いなら、ゆっくりとフェードアウトしていくのが良いでしょう。

編集部
その上で他のセフレを探していけば、自分の心も焦りにくいはずです。

まとめ

セフレから一歩進んで恋愛関係になるには、やはり告白をする必要があります。

曖昧な立場だからこそ、告白をしてお互いの立場を明確にしないと、後々に揉めてしまう可能性もあるからです。

いざという時は、しっかり自分の気持ちを伝える必要があります。

編集部
ただし、セフレという複雑な関係から始まった恋愛関係なので、動く際は慎重にタイミングを見極めましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ