MENU

好きな人を振り向かせる方法!役立つ心理学や思いが届くおまじないもご紹介

好きな人を振り向かせる方法
「好きな人がなかなか振り向いてくれない」

好きな人がいるのに、なかなか思いが届かないと悩ましいものですよね。
実際に人の気持ちを動かすことは大変ですが、コツさえつかめば今よりも振り向かせやすくなります。

そこで今回は、好きな人を振り向かせる方法を「見た目」「行動」「会話」「LINE」「心理学」別にご紹介します。
編集部
好きな人に恋人がいる場合、また好きな人に嫌われてしまった場合の対処法なども併せてご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
あわせて読みたい
好きな人ができない理由や原因と行動や心がけで変わる好きな人の作り方 どうして好きな人ができないのだろう? 恋がしたい、恋人がほしいと思っているのに、好きな人すらできないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 実は、好きな人...
タップできるもくじ

好きな人を振り向かせる方法【見た目編】

好きな人にアピールをするために、見た目を変えることがとても効果的です。どのように見た目を変えていけば、好きな人に興味を持ってもらえるのでしょうか。

清潔感のある外見を目指す

好きな人を振り向かせるために、第一印象はとても大切です。

どれだけ外見が良かったとしても、清潔感がないファッションに身を包んでいると、振り向いてもらえるどころか恋愛対象として見てもらうことすらできません。決してオシャレである必要はありませんが、清潔感のあるファッションを心がけましょう。

また、ファッションだけに限らず、身だしなみや体型にも注意が必要です。

編集部
「顔がタイプ」というような見た目を変えることは難しいですが、せめてマイナスにならないようにすることが重要です。

好きな人のタイプに合わせてイメチェンする

好きな人のタイプに合わせてイメチェンするというのも、好きな人を振り向かせる方法としてとても効果的です。

どのような髪型が好きなのか、どんな服装や雰囲気が好みなのかなど、相手がどのようなタイプを好むのかリサーチするのがおすすめ。相手の好きなタイプに合わせて、思い切ってイメージチェンジをしてみましょう。

髪型や服装を変えれば、次第に雰囲気も変わってきます。

編集部
そんな努力を相手もきっと気付くはず。あなたのことを次第に意識するようになっていくでしょう。

好きな人を振り向かせる方法【行動編】

好きな人を振り向かせるためには、見た目だけでなく行動も変えていかなければなりません。一体どのような行動を取るのが効果的なのでしょうか?

いつも明るく笑顔で接する

好きな人を振り向かせるためには、普段から明るく笑顔で接することが大切です。

笑顔が多い人とは、一緒に居て楽しく、もっと会話をしたいと思えるようになります。同じ顔でも、笑った顔の方が好感度は高いもの。心も癒され、前向きになれるパワーももらえます。あなたのことをもっと知りたいと思えるようになるでしょう。

編集部
また、無理して作りすぎるのも良くないので、自然体で笑顔になれるよう普段から周りの人に笑顔で接することが大切です。

会う回数を増やす

男性でも女性でも、会う回数が多い相手ほど好感を抱きやすい傾向があります。

初めは特に意識をしていなくても、電話をしたりご飯を食べたりしているうちに「この人とは気が合う」「一緒に居て楽しい」と思うようになります。その結果、振り向かせる成功率もアップするでしょう。

たとえ短い時間であっても、会う回数を増やすようにするのがおすすめ。

編集部
用がなくても、あいさつ程度でいいので好きな人と接触する回数を増やすようにして、できるだけ相手に自分の存在をアピールするように心がけましょう。

悩み事を相談してみる

相手に弱い部分を見せると、「自分は信頼されている」と思うものです。

頼りにされると「自分が何とかしてあげたい」という気持ちも強くなり、もっとあなたのことが知りたくなるはず。特に、仕事や将来なことなどについて相談をされると、相手も自分のことを相談しやすくなり、お互いの距離がグッと近づきます。相談がきっかけになって、あなたのことを意識し始めることも。

編集部
また、「お礼に食事でも」というように悩み事を口実にデートにも誘いやすくなります。

他の人とは違う態度を取る

相手に「自分は特別な存在だ」と気付かせることも、好きな人を振り向かせるために大切なポイントです。

基本的に、人は好きな人に対して特別な態度で接するもの。相手が傷つかないように気を遣い、何か辛いことがあれば寄り添ってあげたいと思います。誰かに大切にしてもらうことは誰でも嬉しいものですし、そうしてくれる相手には自然と好意を抱くものです。

編集部
あからさまに周りに冷たく接する必要はありませんが、他の人に対してよりもより気を遣ってあげ、優しく接してあげると良いでしょう。

積極的に話しかけるようにする

好きな人との仲を進展させたい時、いつまでも話しかけられるのを待っているだけでは相手が振り向いてくれることはありません。

好きな人に興味を持ってほしいのなら、積極的に話しかけるようにしましょう。「何て声をかけたらいいのか分からない」という人も、好きな人が参加する飲み会やイベントに積極的に参加し、同じ時間を過ごすようにすれば自然と共通の話題も増えていきます。

編集部
仲良くなって徐々に距離も縮まってくれば、LINEなどの連絡先も交換しやすくなり、デートにも誘いやすくなるでしょう。

口実を作ってデートに誘ってみる

「映画のチケットがあるんだけど、一緒に行かない?」「友達が行けなくなったライブ、一緒にどう?」というように、何かしらの口実を作ってデートに誘ってみましょう。

ストレートにデートに誘うよりも、何かしらの口実があると誘いやすいもの。相手も誘いに乗りやすく、気軽にリラックスしてデートを楽しむことができます。

誘う際には好きな人が興味のあるものをチョイスするのがおすすめ。

編集部
そうすれば誘いに乗ってくれやすく、「同じものに興味があるんだな!」と親近感も抱いてくれるでしょう。

駆け引きをせず自然体の自分で接する

好きな人を振り向かせたいと思うあまり、気持ちとは裏腹な行動を取ってしまう人も少なくありません。

わざと興味のない振りをしたり、意地悪なことを言ったりするなどの駆け引きをしていると、好きな人から「付き合いにくい」「面倒くさい人」と思われてしまうことも。駆け引きをしない人の方が、素直で付き合いやすいと良い印象を与えることができます。

自分を偽ってうまくいっても、いずれは本当のあなたがバレてしまいます。

編集部
ありのままの自然体の自分で接することで、2人の関係もより良い方向へと進むでしょう。

好きな人を振り向かせる方法【会話編】

好きな人と会話をする時、言葉遣いや話し方によっても相手が受ける印象は大きく変わってきます。好きな人を振り向かせるような会話とは、一体どのようなものなのでしょうか?

聞き手になって相手の話を聞く

好きな人を振り向かせるためには、聞き上手になることがポイントです。

「自分のことを知ってほしいから」と自分の話ばかりをしていると、話が一方的になり途中で止まってしまうことも少なくありません。聞き役に徹することで、「自分のことをとても気にかけてくれる」という安心感を相手に与えることもでき、警戒心も解かれるでしょう。

また、会話を広げるためにも質問していくのもおすすめ。

編集部
相手は、自分に興味を持ってもらえたという満足感でいっぱいになるでしょう。

褒めて安心させよう

褒めることは、相手の機嫌を取るというよりも、相手をしっかり見ているというアピールに繋がります。

見た目などわかりやすい部分よりも、内面やその人の行動について褒めてあげる方が相手に響きます。例えば、人と衝突しやすい人には「正義感が強い」というように、コンプレックスに感じている部分を肯定するような褒め方をすると、強く印象に残るでしょう。

編集部
人がなかなか気付かないような些細なことでも、褒めてあげることで「自分のことをちゃんと見てくれている」と、相手に対しての好感度がアップします。

お互いの共通点を見つける

好きな人を振り向かせるために、共通点を持つというのはとても効果的です。

好きなスポーツや音楽、映画など共通の話題があると、会話が盛り上がるのはもちろんですが、「一緒にライブに行こう!」というようにデートのお誘いもしやすくなります。共通点は服装や生活スタイル、出身地など些細なことでもOK。お互いの距離がグッと縮まります。

もし共通点がないのであれば、相手の好きなものに興味を持ってみるのもいいでしょう。

編集部
自分から相手に歩み寄るという姿勢は、相手にプラスの印象を与えることができますよ。

相手の目を見てしっかりと話す

好きな人を前にすると、恥ずかしくて目をそらしてしまうという人もいるでしょう。しかし、好きな人を振り向かせるためには、相手の目をしっかりと見て話すことが大切です。

相手から目をそらして話すと、「自分に興味がないんだな」といった誤解を生じてしまいます。相手の顔をしっかりと見て話すと、「あなたとの会話が一番大切」ということが伝わるだけでなく、相手も真剣に話しを聞いてくれて嬉しいと思うはず。

編集部
自分の気持ちをアピールするためにも、相手の目をしっかりと見つめて話しましょう。

相手の話に共感する

人は、自分の意見に賛成してくれる人を味方とみなし、好意を持つという特徴があります。

相手とのやり取りで「自分と違う」と思っても、相手に正論ばかりを投げかけるのはNG。自分の意見を主張することは間違ってはいませんが、それでは相手の心を動かすことはできません。逆に「この人とは合わない」と思われてしまうことも。

相手の話は否定するのではなく、受け入れることが大切です。

編集部
他人を思いやることは、恋愛だけでなく人間関係においても重要です。

好きな人を振り向かせる方法【LINE編】

好きな人と直接会えないときでも、LINEでアプローチをしていきたいですよね。そこで、好きな人を振り向かせるLINEのコツをご紹介します。

連絡の頻度は相手の生活リズムに合わせる

好きな人とLINEをする時は、相手の生活リズムに合わせて適度な頻度で行いましょう。

例えば、相手が返信をゆっくりとするタイプだった場合、あなたが即返信をすると焦ってしまい、急かされているような落ち着かない気持ちになってしまいます。特に社会人の場合、仕事が忙しくてLINEの返信が遅れるというのはよくあることです。

編集部
相手の生活リズムに合わせ、しつこく感じないように適度な頻度でLINEをするように心がければ、相手にも「気配りのある人」といった好印象を与えることができるでしょう。

簡潔でわかりやすい文章を心掛ける

好きな人を振り向かせるためにマメにLINEを送るのは効果的ですが、ダラダラと長文を何度も送るのは逆効果です。

相手の負担にならないように、内容はシンプルで短めにするのがベスト。長文になると読むのが大変というだけでなく、返信にも時間がかかってしまいます。中にはLINEを苦手としている人もいるため、あまりにも長すぎると引いてしまうことも。

短めの文の方が返信もしやすく、LINEのやり取りの回数もふえます。

編集部
会話のキャッチボールをするような感覚で送るのが理想的です。

相手のLINEの雰囲気に似せる

好きな人からのLINEは、相手のLINEの雰囲気に似せることで好感度が高くなります。

例えば、相手のLINEに絵文字が多い場合は、同じように絵文字をたくさん使ってみる。絵文字が少なめで落ち着いた文章の場合は、あなたも同じようにシンプルな文章を心掛けるなど、相手の雰囲気に似せることで「自分と似ているかも」と好感を持ちやすいです。

また、相手が使っているスタンプを真似して使うのも効果的。

編集部
「あの人もこのスタンプを使うんだ!」と、より親近感を持ってもらえるでしょう。

相手を気遣う一言を入れる

好きな人とのLINEには、相手を気遣う一言を必ず入れましょう。

相手とLINEするのが嬉しいからといって、自分のことばかりを話すのはNG。「お疲れさま」「ゆっくり休んでね」のように、相手のことを気遣う一言があると「自分のことを大切に思ってくれている」と相手も嬉しく思えるでしょう。

編集部
特に、会社のプレゼンや試験など、重要なことがある日は必ず覚えておき、終わった後にさりげなく相手をねぎらうLINEを送れば、さらに好感度もアップするでしょう。

画像を送って相手と共有する

LINEのやり取りを充実させるために、時には写真を送るのもおすすめです。

自分の気持ちや状況を詳しく伝えるためにも、写真はとても効果的。「今○○にいるんだ」「こんなものがあったよ!」というように、リアルタイムの状況を写真で送ることで、相手も臨場感を味わうことができ、お互いに一体感が生まれます。また、話題もより広がるでしょう。

編集部
写真を送るというひと手間をかけているという点でも、好きな人に「特別だよ」と意識させるために効果的な方法です。

好きな人を振り向かせる方法【心理学編】

好きな人を振り向かせるために、心理学的なアプローチが有効となる場合もあります。そこで恋愛に応用できる心理学をご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

ギャップを演出「ゲイン・ロス効果」

「普段ニコニコしているけど、仕事になると真剣な表情になる」「冷たそうに見えるのに、実は涙もろい」など、男女ともにギャップに惹かれる人は少なくありません。

人の心理状況において、プラスとマイナスのギャップが大きいほど、人の心に影響を与える度合いも大きくなるという「ゲイン・ロス効果」というものがあります。最初にマイナスの印象が強い人の方が、その後プラスの印象を与えられると、より好感を持たれやすくなります。

好きな人を振り向かせるためには、普段とは違う演出をして、ギャップを見せることが効果的。

編集部
あなたの印象がより良い方向へ変わる可能性があります。

会えば会うほど好意を持つように「単純接触効果(ザイアンス効果)」

心理学では、何度も繰り返し接触することで、相手から好意を持たれやすくなる「単純接触効果(ザイアンス効果)」というものがあります。

テレビCMやWEB広告などビジネスなどでも用いられる手法ですが、恋愛にも応用が可能。繰り返し会うことで、好きな人の気持ちを惹きつける効果が期待できます。ただし、待ち伏せをするというような形ではなく、あくまでも自然な形で接触することが前提です。

会えば会うほど効果が上がると言われる単純接触効果ですが、その上限は10回までと言われています。

編集部
それ以上の接触を繰り返しても好感度には変化がほとんどないので、10回前後を目途に告白する機会を作ると良いでしょう。

第三者の声は絶大「ウィンザー効果」

本人が直接伝えるよりも第三者から得られた情報の方が、信ぴょう性が高くなるというのが「ウィンザー効果」です。

商品を購入するとき、またレストランで食事をするときに口コミやレビューを参考にする人も多いでしょう。これもウィンザー効果のテックニック。同じように、恋愛でも本人が直接アピールするよりも、第三者から「あの人は素敵な人だよ」と言われた方が、より相手を意識させることができます。

編集部
共通の友人がいる場合は、「あの子はとてもいい子だよ」「あなたのこと褒めていたよ」といったように遠回しに伝えてもらえば、あなたのことが嫌でも気になるはずです。

自然に好意を勝ち取る「ミラーリング効果」

人間は、自分似ている人には親近感を覚えやすいという特徴があります。心理学では、これを「ミラーリング効果」と呼んでいますが、恋愛にも応用することができます。

例えば、好きな人と会話のテンポを合わせたり、口癖を真似したり、同じ仕草をしてみたりなど、まるで鏡を見ているかのように相手を真似することで、好きな相手に好意を抱いてもらえる可能性があります。他にも、食事の席で同じものを注文するというのも、ミラーリング効果の1つです。

編集部
ただし、あまりにも露骨に真似しすぎると嫌がられる可能性もあるので、あくまでも自然な形で行うようにしましょう。

好きな気持ちが返ってくる「好意の返報性」

人は相手から何かしらの好意を受けると、「お返しをしなくては」という気持ちが働きます。これを心理学では「好意の返報性」と呼びますが、恋愛にも応用することができます。

つまり、相手に好きな気持ちをさりげなく伝えることで、自然と相手から好意が返ってくる可能性が高くなります。全ての好意が必ずしも返ってくるわけではありませんが、好きな気持ちを抑えて後悔するよりも、積極的にアピールするべきでしょう。

ただし、好意の返報性を期待するからと言ってストレートに「好きです!」と自分の気持ちを押し付けるのはNG。

編集部
笑顔を見せたり、名前を読んだりなど、さりげない形で相手に伝えるとより効果が期待できるでしょう。

障害がある恋愛ほど燃える「ロミオとジュリエット効果」

人の心理として、禁止されていることは破りたくなるというものがあります。

恋愛は障害がある方が燃え上がるという心理を、シェイクスピアの悲劇にちなんで「ロミオとジュリエット効果」といいます。相手に恋人がいる、身内が恋愛に反対している、遠距離であるなど、何かしらの障害があった時の方が、何もない時よりも気持ちも高まります。

情熱的な恋愛を求めるのは悪いことではありませんが、本当に進んで言いのか一旦冷静になって判断することが大切。

編集部
周りが見えなくなり突き進んでしまうこともあるので、注意してください。
あわせて読みたい
使える恋愛テクニック20選!相手を夢中にさせる強力テクと注意点を解説 好きな人ができた時、相手にも同じように好きになってほしいと誰もが思いますよね。 相手にアプローチしたり、気持ちを惹きつけたりするのは難しいもの。しかし、恋愛心...

効果テキメン!好きな人を振り向かせるおまじない

「色々試してみたけれど、なかなか好きな人が振り向いてくれない」という方のために、好きな人を振り向かせる最強のおまじないをご紹介します。
気になるものがありましたら、ぜひ試してみてください。

枕のおまじない

おまじないと聞くと難しそうと感じる人も多いと思いますが、枕のおまじないは普段使っている枕さえあればできるので、忙しい人や初心者の人でも簡単に行えます。

「枕のおまじない」の手順は次の通りです。

手順
  1. いつも使う枕に好きな人の名前をフルネームで書く
  2. その上に自分のフルネームを重ねて書く
  3. これを3~4回繰り返す
  4. 好きな人の名前を小声で3回唱える
  5. 相手のことを考えながら、枕にキスをする

枕のおまじないは、片想いの相手から声を掛けられる、仲良くなれる、両想いになれるなどといった効果が期待できます。

編集部
また、復縁にも効果があると言われています。

新月のおまじない

月には様々なパワーが秘められており、スピリチュアル方面でも重要視されています。そんな月のパワーを利用したものが、新月のおまじない。月の満ち欠けを利用して行うおまじないですが、こちらも紙とペンだけで簡単に行えます。

手順
  1. 新月の夜に外に出る(ベランダでもOK)
  2. 用意した紙に心を込めて願い事を書く
  3. 新月の夜の間は何回もこれを繰り返す
  4. 新月が過ぎて月明りが見えてきたら中断し、また次の新月を待って再開する

新月のおまじないは、何回も繰り返すことで効果が発揮されます。

編集部
即効性のあるものではありませんが、諦めずに続けることで願いが実現されるでしょう。

相合傘のおまじない

両想いの象徴とも言われる「相合傘」を使った恋が叶うおまじないをご紹介します。相合傘は古くからある定番のおまじないで、こちらもやり方はとてもシンプルで簡単。好きな人を振り向かせるのに効果絶大です。

手順
  1. 小さめの紙に赤やピンクのペンで相合傘を書く
  2. 好きな人の名前を左側に、自分の名前を右側に書く
  3. 正方形になるように綺麗に折りたたむ
  4. 財布や手帳など、人の目に触れない身近なものに入れて持ち歩く

相合傘のおまじないのポイントは、書いた紙を人に見られないようにすることです。

編集部
内容を隠すだけではなく、紙そのものを隠す必要があるため、気を配る必要があります。

好きな人に恋人がいるときはどうするべきか?

振り向かせたいと思っていた人に恋人がいることがわかってしまったら、とてもショックですよね。そんな時には、どのように行動すべきなのでしょうか?
そこで、好きな人に恋人がいるときの対処法を3つご紹介します。

素直に諦めて次の恋愛に進む

辛い選択肢にはなりますが、「好きな人の幸せを壊したくない」という人は、この選択肢を選ぶのがベストです。

特に、好きな人がまだ付き合い始めたばかりの場合、今の恋人と結婚を考えている場合などは、どれだけアピールが上手にできたとしても好きな人を振り向かせることは難しいでしょう。また、相手が既婚者の場合も、後々トラブルに巻き込まれる可能性があるので諦めるのがベスト。

身を引くことは辛いですが、相手の幸せを考えてのこと。

編集部
大きな決断ができた自分を褒めてあげ、親しい友達に慰めてもらって心を癒すと良いでしょう。

告白してきっぱりと断ってもらう

「好きな人に幸せになってほしいけれど、どうしても諦めたくない」という時には、思い切って告白して、きっぱりと断ってもらうことで気持ちの整理もつきやすいです。

断られるとわかっていながら告白をするのはとても辛いですが、潔く気持ちを切り替えるためにはとても効果的。「あの時思いを伝えておけばよかった」と後悔することもなく、スッキリと次の恋愛に向けてスタートを切ることができます。

編集部
ただし、2人が元々友人関係であった場合、告白をすることでお互いの距離が生じてしまう可能性もあるので注意してください。

諦めずにタイミングを待つ

どうしても好きな人と付き合いたいという人は、タイミングを待つというのも1つの方法です。この場合、この場合のタイミングには次のようなものがあります。

1つは、好きな人が恋人と別れるタイミング。友達というポジションとして側にいて、相手が恋人と別れるのを待つだけです。
この場合、自分の気持ちを隠しながら相手と接しなければならず、心が耐え切れなくなってしまうこともあるため、適度な距離を保ちながら付き合っていくことが大切です。

また、好きな人が自分のことを好きになってくれるタイミングを待つ方法もあります。
いくら恋人がいる相手であるとはいえ、相手が自分を好きになってくれたらこっちのもの。

編集部
「絶対に振り向かせてみる」というような強い気持ちを持って挑むことが大切です。
ただし、付き合う際には浮気ではなく、別れてからのスタートとなるように注意しましょう。

好きな人に嫌われてしまった時の対処法

「好きな人を振り向かせるつもりが、逆に嫌われてしまった」となると、どうしたらいいのか悩みますよね。そこで、好きな人に嫌われてしまった時の対処法をご紹介します。

嫌われた原因を考える

まず、なぜ好きな人に嫌われてしまったのか、その原因を考えることからはじめましょう。

嫌われるような行動を取っていないか、客観的によく考えて振り返ってみてください。ちょっとした行動や言動が原因で、相手を嫌な気持ちにさせているという可能性もあります。思い当たらなければ、本人に聞いてみるというのも1つの方法です。

原因が分からないまま接していても、平行線のままで上手くいくことはありません。

編集部
必ずその原因を見つけるようにしましょう。

原因が自分にあるなら改善する

嫌われた原因がわかり、その原因が自分にあるようなら、すぐに改善するようにしましょう。

相手に自分の真剣さを伝えるためには、言葉よりも態度で示す方が大切です。その努力は必ず相手に伝わるので、関係が修復できる可能性も高くなります。変わった自分を見てもらえるよう、すぐに行動を起こすようにしましょう。

編集部
また、嫌われる原因を改善することは、好きな人にだけでなく、周りの人との関係にも良い影響を与えるでしょう。

距離を置いてみる

なぜ嫌われてしまったのか原因がさっぱりわからないという時は、本当は嫌われていない可能性も捨てきれません。

そのような場合、時間が解決してくれることもあるので、しばらく距離を置いてみることをおすすめします。相手から離れることで客観的に見えてくることがあるかもしれません。

モヤモヤした気持ちが残るかもしれませんが、距離を置いて相手の反応をチェックしてみましょう。

編集部
距離を置くことで、相手から連絡が来るということも考えられます。

素直に謝る

嫌われた原因が分かった時は、素直に謝りましょう。

本気で謝れば、相手にも真剣な気持ちが伝わり、関係を修復できる可能性が高くなります。直接会って謝るのが一番ですが、難しいようであれば電話で伝えるのがおすすめ。文章で伝えるよりも、自分の口で伝えた方が真剣さは伝わりやすいです。

編集部
嫌われてしまったからと諦めず、原因を改善し、相手にしっかりと謝ることが大切です。

好きな人を振り向かせるときの3つの注意点

人を好きになると周りが見えなくなってしまうことは誰にもあることです。

しかし、自分の気持ちのまま突き進むと、好きな人を振り向かせるどころか、かえって相手との距離が広がってしまうことも。

編集部
そこで、好きな人を振り向かせるときの3つの注意点をご紹介します。

周りの人を下げるような発言は避ける

好きな人を振り向かせたいなら、周りの人を下げるような発言は避けるようにしましょう。

周囲の人の悪口や文句は、聞いていても楽しいものではなく、むしろ不快感すら覚えるものです。特に、相手に好きな人がいる場合、その人を悪く言うようなことは絶対にしないというのが鉄則。その人の評価を下げるどころか、あなた自身の評価を下げることになってしまいます。

人を悪く言うような人を好きな人はいません。

編集部
相手にネガティブな印象を与えないためにも絶対にやめましょう。

好きな気持ちを押し付けない

人を好きになるというのはとても素敵なことです。ただし、それを相手に押し付けるようなことは絶対にやめましょう。

相手の気持ちや都合を考えず自分の気持ちだけでグイグイ行くと、迷惑がられるだけでなく嫌われる恐れもあります。積極的にアプローチしたいと思っても、まずは相手の気持ちを考えることが大切です。

相手にまだ脈がなさそうな場合は、焦らずに信頼関係を築くことが先決。

編集部
自分の気持ちを押し付けるのではなく、「こうしたら、相手はどう思うかな?」と常に考えてから行動をするようにしましょう。

心に余裕を持ってアプローチする

好きな人を振り向かせようと必死になっていると、どうしても心の余裕がなくなってしまいます。

「嫌われたくない」「何とか振り向かせたい」と必死になりすぎて心に余裕がなくなると、普段通りに振舞うことも難しくなってしまいます。
上手く自分を出すことができないと、相手に嫌われることはなくても、好かれることもないでしょう。

編集部
「少しずつ自分に好意を持ってもらえればいい」というように心に若干の余裕を持つほうが、ありのままの自分を出すことができ、アプローチもずっと上手くいくでしょう。

好きな人を振り向かせるために自分から行動を起こそう!

「見た目」「行動」「会話」「LINE」「心理学」と、様々な面から好きな人を振り向かせる方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

好きな人を振り向かせるのは難しいように感じるかもしれませんが、何気ない普段の行動に注意するだけで、簡単に好きな人の気持ちを動かすこともできるのです。
「振り向かせるなんて無理」と諦めずに、ぜひ自分から行動を起こすようにしてください。

ただし、アプローチする時には相手の気持ちになって行動を起こすことがポイントです。

編集部
相手の反応を確かめながら、少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ